未来のためにやっておくこと

今日から、札幌大通り公園では、
ビアガーデンが始まります。
 
 
大通り公園の5丁目から11丁目までが
会場となり、これは、
日本国内でも最大級ではないでしょうか?
札幌の夏の風物詩の一つですね。
楽しみますよ〜。
 
8月15まで続きます。
 
 
 
さて、
未来のために今やっておくと良いこと
って、ありますよね?
 
 
今やっておくと時間もコストも小さく、
未来における効果が高いことです。
 
 
半年先、1年先、3年先かもしれません。
いやいや、もっとず〜と先かもしれません。
 
 
そういうことを1つか2つ取り組むだけで、
けっこう人生が変わると思うのです。
 
例えば、ダイエット。
 
夏は、肌を露出する機会も多いですが、
今から取り組んでも、この夏には間に合いません。
 
当然です。
今までできなかったことが、
一瞬で変わることなんかありません。
そんなこんなで、
何事もあきらめちゃう人が多いんです。
 
中には、
開き直っちゃってる人もいます。
 
実は、目標を達成するには、
毎日ちょっとの時間だけでOKなのです。
 
大切なことは、
成功した自分をイメージして、
継続することです。
 
短期間では、目に見えるような変化は
ないかもしれません。
 
でも、継続していたら、
いつの間にか、大きな変化になっているのです。
 
あの時始めたから、
「今の自分がある」
「こんな風になれた」
 
一歩踏み出してみると、
未来の自分が、今の自分に
心から感謝する日が来るのです。
 
明日の自分が、今日の自分に感謝できるような
1日にしていきましょう!!
 
ダイレクトレスポンスマーケティングを
学びませんか?
人数限定です。
 
 

 

その違いを生む違いはとは?

同じような、環境にいて、同じ商品を扱っていても、

営業成績に大きな差が生まれます。

 

それは、なぜでしょう?

 

必ず、その違いを生む違いがあるはずです。

 

 

 

 

私は、いつもその違いは何なのかを意識して、

人を観察するようにしています。

 

その中で、一つの答えとしては、

やはり、習慣にあると思います。

 

売れる人の習慣は、

「しゃべる前に、聴く」です。

 

つまり、

相手の状況をしっかり確認してから、

マトを絞ったプレゼンをしているのです。

 

逆に、売れていない人の習慣は、

相手のことをよくわかっていないのに、

適当に、自分本位でプレゼンしているのです。

 

 

 

初回のプレゼンは、ものすごく大事です。

 

なぜなら、最初のプレゼンが、しょーもなかったら

次は、ないですから・・・

残念!

 

次も会いたいと相手に思わせてこそ、

成功の確率が上がるのです。

 

そのためには、

何よりも信頼関係を築くこと。

 

信頼関係を築くには、

相手を理解しようとする意識が大事です。

 

あなたは、自分がしゃべるより先に

相手を理解するようにしてますか?

 

 

うまくいってないなら、

そんなことを意識してみましょう?

 

 

 

 

さて、

セミナー告知です。

 

 

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

のミニセミナーやります。

この流れを理解すると、大抵の営業活動はうまくいきます。

詳しくは、こちらから

http://yosijun.com/LP/drm

 

心の矢印、今どっち?

 

個別相談に来る方と話していると、

「営業が苦手で・・・」

という方が、とても多いです。

 

でも、起業したなら、自分が営業するしかないので、

そんなことを言っていたら、ぜんぜん実績も上がりません。

 

実績が上がらなければ、どうなるか?

 

当然、事業が存続できなくなり、

食べていくことすらできなくなります。

 

 

 

営業成績が出ないなあという人の特徴があります。

 

それは、

心の矢印が自分に向いているのです。

 

どういうことかというと、

「自分を認めて欲しい!」

という承認欲求が強い傾向があるのです。

 

例えば、

発する言葉を聞いていると、

 

「自分が、自分が!」

という感じなので、

 

まわりの反応も

「はい、ハイ、そうですか」

という感じでイマイチです。

 

そうなると営業結果がでないどころか

返事すら来ないので、自分自身が傷付いてしまうわけです。

 

では、

営業成績が優秀な人のマインドはどんな感じでしょうか?

 

それは、

「お役に立ちたい!」

というもので、承認欲求ではありません。

 

 

なので、お役に立つと思って言葉を発するので、

たとえ反応がなくても、傷付かないんです。

 

認めてほしいと思うから、

認められないと傷付くのです。

 

でも、お役に立つと思って、行動していれば、

どんな反応でも傷付きません。

 

ここが営業ができるできないの別れ道です。

 

もしも、普段の活動を振り返ってみて、

傷付きやすいから、営業ができないというのならば、

心の矢印を自分から相手に向けると、

劇的に変わってきますよ!

 

さあ、本日も、そのあたりを意識して、

元気に活動していきましょう!!

 

 

毎朝スッキリスタートするための習慣

日常生活の中で、

「あれもしたい!これもやらなきゃ!

あ~、でも忙しい、時間もない!大変、たいへん!」

と言って、

 

何から手をつけていいかわからず、大混乱し、

結局、ほとんど前に進んでいないことがあります。

 

 

私も以前は、そんな感じでした。

特にサラリーマンの時はそうでした。

 

 

でも、

最近は、毎日、いいスタートが切れるようになりました。

 

 

 

一体、何を意識しているのか?

 

それは、

前倒しで考えることです。

 

つまり、

以前は、朝に、その日やらなくてはならないことを考えていたのを

前日の晩にイメージし、記録するようにしたのです。

 

そして、

朝、何からやったらいいのか、

優先度の高い順番に番号をふっていくのです。

 

それで、

翌日はそれをとにかく順番にやっていくのです。

 

その中でも、最初にやることを決めておくと、

迷いがなくなり、いいスタートが切れます。

 

 

当日になって、

「今日は何やろうかな?」じゃ、遅いんです。

 

前日の夜には、次の日のスタートだけでも決めてしまう、

っていうのが思った以上の効果があります。

 

これも、習慣です。

 

毎朝すっきりスタートするための習慣、

試してみましょう!!

 

 

頼まれごとは、試されごと

海の日です。

札幌は、あまり気温も上がらず、

「さあ、海に行こう!!」って感じではないですが・・・

このままでは、夏が終わっちゃうよ〜

 

全国的には、猛暑が続いているところもあるようで、

暑ければ、暑いで、「うわ〜!」って思っちゃうのでしょうね。

 

人間は、無い物ねだりです(笑)

 

 

そんな中、昨日は、毎年恒例のバスケ部OB会に参加しました。

母校の体育館に集まりまして、現役との交流を深めるということで、

歴代の先輩たちも大勢集まります。

 

 

無謀ながら、プレーもしました。

普段は、全く練習もしてないので、怪我が心配でしたが無事でした。

 

 

そして、来年からは、この会の幹事に任命されました。

今までの幹事は、2年上の先輩がやっていたのですが、

来年から交代ということで、打診がありました。

 

諸先輩がたがいる中、「えッ!」と思ったのですが、

先輩の頼みは、「イエス!」か「ハイ!」で答えるということで、

快く引き受けさせていただきました。

 

日頃から意識していることですが、

「頼まれごとは、試されごと」

そう思って、引き受けるようにしています。

 

 

「できません」と断ることも、もちろんできるのですが、

そうすると未来が閉ざされます。

 

逆に、「できません」

を排除すれば自分の未来が広がると思うのです。

 

何事も前向きに捉えていこうと思ってます。

 
 

人間の脳の特徴を利用する

本日は、「脳」の話です。

 

 

 

人の脳ってすごくって、

自然に情報を整理する機能があるんだそうです。

 

つまり、

無意識の内に目に入った情報を

「必要・不要」でフィルタリングして、

処理してるらしいんですね。

 

 

なので、不要だと判断された情報は

認識されないので、反応もしないし、

記憶にも残らないんです。

 

逆に考えると。

もし、目に入るモノ全てを認識して、

全部をしっかり処理したとしたら、大変ですよね。

 

そんな状態だと、

脳がカロリーを消費しまくって、

すぐに死んじゃうって話もどっかで聞いたことがあります。

 

まあ、それが正しいかどうかは、わかりませんが、

それくらい、人の脳は勝手に情報の取捨選択をしているということです。

 

ということは、

 

これを営業活動の場面で考えてみると、

 

 

もしも、私たちが、

自分の商品をアピールしようと

必死に情報発信をしたとします。

 

でも、相手がその情報に関して

「アンテナが立っていない状態」なら、

伝わってない可能性があるってことです。

 

 

これは無駄ですよね。

 

なぜなら、

どんなにこっちが必死になって

アピールしたところで、

認識すらされないのですから・・・。

 

 

商品とかサービスの案内をしても、

スルーされてしまう状態です。

 

 

でも、逆を言えば、もしも相手が

「アンテナが立っている状態」なら、

簡単に認識してもらえるわけです。

 

なぜなら、

脳が「必要だ」って言ってたら、

嫌でも気になっちゃうからです。

 

となると、このことを活用するために

私たちは何をするべきでしょうか?

 

それは、

誰にでも同じように伝えれば良いわけではなく、

 

まずやるべきことは、

すでに悩んでる人を探す。

 

または、

問題点について、自覚させる

 

ということですね。

 

 

ぜひ、実践してみましょう!!

 

 

死ぬ時に何を成し遂げたと言えるか

営業活動をする時

「営業計画」を立ててますか?

 

「当たり前ですよ」

という声が聞こえてきそうですが、

以外にできていない人も多いように感じます。

 

 

 

たくさんの営業マンと普段接していて、

一時的にではなく、長期的にうまく行く人と

うまく行かない人の差は何だと思います?

 

それは、

「行動計画」を作っているかどうかです。

 

 

短期的に売り上げは上がってはいるが、

ヘトヘトになってしまう。

 

「自分は、何のために頑張っているんだろう?」

と、燃え尽き症候群になる人は、

はじめに「行動計画」を作っていません。

 

つまり、

理想のゴールがない状態なのです。

 

 

うまくいくひとは

最初に、理想のゴールを決めます。

 

 

そのゴールに到達したら

何ができて、どんな状態になるかをイメージしているのです。

 

それから、

そのゴールに到達するためにどんな行動をするかを決めます。

 

 

 

また、

営業活動に

「行動計画」が必要なように

 

人生にも、

「人生計画」が必要だと思うのです。

 

人は必ず死にます。

 

 

死ぬ時に、「何を成し遂げた人生だった。」

と、言えるのか?

 

 

そのゴールを意識して、日々生きるのかどうかで

大きな違いが出てくるのではないでしょうか?

 

さあ、

今日も素敵なゴールを意識していきましょう!

 

 
 

ゴールは、自分で決めよう!

「あなたにとって、最高の人生とは何ですか?」

先日、そう聞かれて、ちょっと困っちゃいました。

 

あなたは、

即答できますか?

 

日頃から考えてないと、

答えられない場合が多いですよね。

 

 

 

冷静に考えると、

最高の人生は、誰でも達成できるのです。

 

なぜなら、

「最高の人生」とは、自分で決めることができるからです。

他人が、決めることではないからです。

 

たとえ、

ある出来事で、貧乏くじを引いたとしても、

未来が、もっと大きな豊かさと幸せになるよう、

自分が運命の舵を握れば変えられるのです。

 

つまり

人任せにしなければ変えられるということです。

 

ここが大事なポイントです。

 

 

 

だから、もう、

被害者になるのはやめませんか?

 

車のハンドルは自分で握ればいいのです。

行き先は、自分で決めればいいのです。

 

ここで、重要なのは、

自分で、決断するということ。

 

そうでなければ、

他人からやらされることや、

やらなければいけないことで埋め尽くされます。

 

 

だから、もっとシンプルに考え、

自分でやるかどうか決めるクセをつければいいのです。

 

やることは、自分で

好きに選んでいいのです。

 

 

どれをどれだけやって、

何をやらないのかも自分で選ぶことができるのです。

 

時には、

メンターは、必要です。

仲間も、必要です。

 

でも、

最終的に決めるのは、自分なのです。

 

「最高の人生を生きる!」

と決めちゃいましょう。

 

最終的なゴールを決めれば、

全てが動き始めます。

 

さあ、

今日も今日という日の最高のゴールを目指して

楽しく活動していきましょう!

 

遠藤穂波さん

 

総営さぽーとプレゼンツ

 

「マスターマインド、

いらしゃ〜い!」

 

毎週月曜日 午前10:10〜10:40  放送中!!

札幌村ラジオ(FM 81.3MHz)にて

 

【目的】
ゲストのオンリーワンを引き出し、語ってもらう
ゲストの可能性を引き出し、解き放つ

 

ラジオ出演希望者はこちら

 

 

今回のゲスト紹介

 

2018/07/09 出演 

遠藤穂波 さん

ダイエットサロン クイーン

セラピスト

 

 

インタビュー

 

 今まで、ラジオに限らずメディアに出演に出演したことはありますか?

 無し
 

 ラジオ出演に関し、いつ、どこで知りましたか?

吉嶋さんとランチ会で会い、出演依頼がありました。

 

 話を聞いた時、どんな印象を持ちましたか?

これもご縁だと思いました。

 

 出演中の感想は?

緊張しました。

 

 出演中、戸惑った点はありますか?

思ったより、突っ込んだ話をしたかなと

 

 出演中のよかった点、悪かった点は?

    思ったように話せなかった。

 

 出演を終え、今、どんな気持ち?

 サッパリしています。

 

 ラジオ番組の良いところを教えてください。

耳だけにうったえる感じが良い

 

 

 

出演時の映像ダイジェスト

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした

終了後の写真

 

 

 

 

興味のある方

 

ゲストとお知り合いになりたいに場合は
こちらから申請
ください。

 

 

 

Facebook

 

 

 

 

 

 

 

 

30年後のど真ん中を狙う!

ソフトバンクの孫さんは言ってます。

「ニッチを狙え、と言う人はバカ。

私は30年後のど真ん中の中のど真ん中を狙った。」

と。

 

孫さんは、

「自分の人生を最後まですき間で終わらせるような

 業界に殉じるつもりはない。」

と、スタートの時から決めていたそうです。

 

 

創業時に、

数名のアルバイトを前に

「豆腐の単位のようなビジネスをやる!」

と、演説をぶったそうです。

 

つまり、

豆腐は、「一丁、二丁」と数えるが、

それをもじって、

 

「一兆、2兆というようなビジネス」をやる

という意味です。

 

スタートする時に

自分の未来を決める。

 

 

そして、

宣言して、自分を奮い立たせる。

 

この考え方は、

目標達成をする上でとっても大切だと思います。

 

自分の未来は

自分が決めるのです。

 

宣言し、それに向かって努力していく・・・

 

「こんなことを言ったら、恥ずかしい。」

とか、

「今の私には無理。」

なんて言っていては、未来は創造できません。

 

 

多分、

孫さんも不安と葛藤を繰り返して、

大きくなっていったのだと思います。

 

未来を決め、全力疾走すれば、

眠れない夜を過ごしたことも

楽しい思い出になると思います。

 

 

自分の未来を作りだすことができるのは

自分だけです。

 

 

さあ、

今日も楽しく活動していきましょう。