「ユーミンの地獄耳」から学ぶ

さあ、新たな一週間の始まりです。

今日も、ラジオ番組からのスタートです。

 

 

 

 

さて、

現場で活動している

営業マンから話を聞いていると、

本当に毎日苦労が絶えないようです。

 

 

かつて私自身も経験してきたことなので、

営業マンの悲痛を聞くたびに、

 

その人にあった高確率営業レシピを

もっと多くの営業マンに伝えたいと思うのです。

 

 

多くの営業マンが営業について悩みを持つ原因は

「正しい営業方法」を習ってこなかったからです。

 

自社の商品やサービスがどんなにすばらしくても

それはお客様には関係ありません。

 

もしかすると、

自社商品やサービスがすばらしいと思っているのは

それを製造販売している会社関係者だけかもしれません。

 

 

それをわかってもらおうと、

一生懸命にプレゼンテーションをしても

それがかえってお客様の気持ちを下げる結果に

つながることもあったのではないでしょうか?

 

 実はこの時点で営業が失敗しています。

お客様は自分の悩みや問題を解決したいだけです。

 

 お客様はあなたの商品やサービスが欲しいわけでは

 ありません。

 

 

先日、ある方から、

「ユーミンの地獄耳」の話を聞きました。

 

ユーミンは、数々のヒット曲を出し続けていますが、

その秘密が、わかったような気がします。

 

 

あのユーミンは時々ファーストフードに座って

カップルの会話に耳を傾け、

今どきの子たちの気持ちがわかる自分をキープしてるんですって。

 

あるテレビ番組で、本人も言ってました。

「曲の内容は、すべて体験談なんですか?」

とインタビュアーに聞かれたとき、

「そんなわけないでしょ、そんなに体験してたら死んじゃうわ」

って。

 

自分の直接体験でなくても、

体験した人から聞けばいいのです。

 

すると共感が生まれるのです。

 

 

 正しい営業方法の手順としては、

 先ずはお客様がどんな悩みや問題を持ち、

 それがどうなることが理想なのかを

 聞き出すことが大切です。

 

そして、自社商品がどのように

 お客様の悩みや問題を解決できるのかを

 一緒に考えてみることです。

 

 

もしもお客様のご希望に

自社商品やサービスがそぐわないものであれば、

 

それを解決できる方法を一緒に考えたり、

他の業者を紹介してあげることも

 大事な営業の仕事だと思うのです。

 

 

 

なぜなら、営業の仕事というのは、

お客様のお役に立つことが一番大事な仕事だからです。

 

自社商品やサービスを売るだけが営業の仕事ではない

ということも心得ていてほしいと思います。

 

持ち味の見つけ方

 

 

 

自分のことは

自分ではよくわからない

 

とよく言われます。

 

 

なぜなら、

自分にとっては当たり前だけど、

人にとっては当たり前じゃないことが

よくあることだからです。

 

なので、

自分のことを人に聞くと

ビジネスのタネになる場合があります。

 

自分のことは自分でよくわからないなら、

他人に聞いたらいいんです。

 

 

人は誰しも、

 

「あなたのこの部分は、凄いところだよねー」

とか

 

「あなたは、○○という

他にはない魅力があるよねー?」

 

などと、言われる部分があると思います。

それが自分の持ち味なんです。

 

 

 

できる限りたくさんの人に

そんな自分では気づかない強みを聞いて、

自分の情報を集めましょう。

 

 

よく知っている人にも聞きますし、

最近出会った人にも聞いたらいいです。

 

 

関係性のない人から言われることは、

あなたがなんとなくそう見えている

ということなので、

それもヒントになると思うのです。

管理すべきなのは、時間ではない!

雨模様の札幌です。

しかも寒いです。

ライラックまつりの関係者も気の毒ですね。

 

でも、天気は、管理できませんからね

この状況にどう対応するかですね。

 

 

 

時間管理に関してもそうです。

私は時間は管理できないと思ってます。

 

なぜなら、1日24時間であることや、

1時間が60分であることは

コントロールできないことだからです。

 

管理すべきなのは、

時間ではなく、自分の行動です。

 

有限な時間の中でどれだけ生産性高く、

質の高い行動がたくさんできるか?

 

それを管理するのが時間管理です。

 

自分がやってる方法は、

最重要なことから予定を埋めていくという方法です。

 

これは、「7つの習慣」の中でも紹介されています。

一週間単位で、一番やりたいことを

どの時間にやるかを決めてしまうのです。

 

自分で、予定を入れてしまわないと、

他の人や、緊急事態で予定が埋まってしまう危険があります。

 

自分で決める予定のポイントは、

やりたいこと、ワクワクすること、

これです。

 

その基準を持っていると、

仕事も楽しみの時間も確保できるようになりますよ。

 

メンタルトレーニング

 

 

営業活動する上で、商品勉強とか、話法とか、伝え方とか、

いろいろと必要なものがあります。

 

でも、その中でも最も必要な要素は、

メンタルではないかと、最近思ってます。

 

なので、

メンタルトレーニングを研究し、実践しています。

 

メンタルトレーニングは、よく、スポーツの世界では、

取り入れられていて、オリンピックなんかでも結果を出してきてます。

 

いくら、技術や体力がすごくても

メンタルが整っていないと良い結果は望めないということです。

 

 

ほとんどの方は、
自分の本当の素晴らしい可能性に気付いていません。

 

なぜなら、ちょっと心理学を学ぶと

健在意識が5~10%、潜在意識が9 0~95%を占めていると言われております。

 

つまり、

宝の山は自分では気づいていない無意識の中に埋もれているからなのです。

 

メンタルを鍛えていないと、

自分が本当はどうしたいのか分からなくなったり、

情報の洪水に飲み込まれ、あれこれ手を出してどれも中途半端になったり、

何が正しいのか? もっといい方法があるのでは? 

と思考が堂々巡りして動けなくなってしまうのです。

 

また、人からのやらされ感、やらなければいけない義務感は、

モチベーションが長続きしないそうです。

 

そして、成果につながってる感がない、

人から認められている感がないことも、モチベーション低下につながります。

 

 

このような状態から脱出するには、どうしたら良いのでしょうか?

 

それは、

自分の中の本当にやりたい気持ちに気付くことが重要だと言います。

 

過去の成功体験、感動体験、困難を克服した体験などを活かし、

さらに自分が進みたい道筋をはっきりさせるのです。

 

その上で、

理想の未来、目標に進んでる感、充実感 を日々感じる事です。

 

そうすると、

自分の内側からやる気・モチベーションが湧き上がってくるのです。

 

 

そして、

現状を楽しみ、自分が向かいたい方向に少しづつでも進み始めると、

さらに、不思議なことが起こり始めます。

 

不思議と、自分が本当に手に入れたい未来へとつながる情報や、

チャンスが次々と訪れるようになるのです。

 

自分が楽しめる、メンタルトレーニングを

見つけていきましょう!

 

 

ミラーニューロンについて、考える

 

 

ミラーニューロンについて学ぶ機会がありました。

 

聞いたことある人も多いかもしれませんが、

人は、他の人の行動を見て、
まるで自分が同じ行動をとっているかのように反応する、

つまり、

「鏡」のような反応をする性質があるようです。

 

他人がしていることを見て、

自分ことのように感じる共感も同じですね。

 

 

だから、

人はそばにいるだけでお互いに影響し合うのです。

 

長年連れ添った夫婦は顔まで似てくるそうです。

もっというと、
ペットまでが、同じ顔になってくるのです。

 

知り合いに犬が大好きで、飼っている人がいるのですが、

どっちが飼い主かわからないほどそっくりです。

 

これも、

ミラーニューロンの働きなんですね。

 

ということは、

夢を達成したいときは、

もうすでに実現しているや同じ夢を追いかけている

人たちの中にいれば、知らず知らずのうちに

その思考が似てくるということです。

 

そして

気がついたら同じように自分も夢実現できると考え、

行動するようになるのです。

 

勝手に行動して

勝手にうまくいくって感じです。

 

 

インフルエンザよりも伝染するのは、

 

1、あくび

2、不機嫌

3、明るさ、笑顔

 

だと言われています。

 

 

結果を出すのには、

その場の空気がとっても大事なのです。

 

まずは、

自分が、強烈なパワースポットになる!

 

これです。

 

 

でも、

独学だと、どうしても自分視点でしか見ないので、

目的地に到達するまで遅くなりがちです。

 

例えていうなら、

真っ暗闇の道を走っているようなものです。

 

先が見えない真っ暗闇の道は

全力ダッシュできませんよね?

 

到達したい夢があるなら、

その環境に身を置くってことはとても大切な

ポイントだと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

竹田尚弘さん

 

総営さぽーとプレゼンツ

 

「マスターマインド、

いらしゃ〜い!」

 

毎週月曜日 午前10:10〜10:40  放送中!!

札幌村ラジオ(FM 81.3MHz)にて

 

【目的】
ゲストのオンリーワンを引き出し、語ってもらう
ゲストの可能性を引き出し、解き放つ

 

ラジオ出演希望者はこちら

 

 

今回のゲスト紹介

 

2018/05/14 出演 

竹田 尚弘 さん

竹栄株式会社

常務取締役

 

 

 

インタビュー

 

 今まで、ラジオに限らずメディアに出演に出演したことはありますか?

 ないです
 
 

 ラジオ出演に関し、いつ、どこで知りましたか?

5/11(金) 知り合いより

 

 話を聞いた時、どんな印象を持ちましたか?

えっ!大丈夫かな?という気持ちが強かったですが、やってみたいと思いました。

 

 出演中の感想は?

ドキドキでした

 

 出演中、戸惑った点はありますか?

何をしゃべっているか、わからない時がありました

 

 出演中のよかった点、悪かった点は?

    よかった点:大きい声でしゃべれました

    悪かった点:あせって、早口になりました
    

 

 出演を終え、今、どんな気持ち?

すごい、楽しかったです。

 

 ラジオ番組の良いところを教えてください。

自分の考えていることをストレートに伝えれるところです

 

 

 

出演時の映像ダイジェスト

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした

終了後の写真

 

 

竹栄株式会社HP

 

 

興味のある方

 

ゲストとお知り合いになりたいに場合は
こちらから
お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝礼は、会社の「顔」

 

 

コンサルを頼まれて訪問した企業での話です。

朝の会議から責め合いしてました。

 

「なんで、目標達成できてないんだ!」

「先週数字が達成できなかった理由は何なんだ?」って。

 

そんな文化なのだと言ってしまえば、

それまでですが、それってどうなのかな感じました。

 

 

人間が最高の力を発揮できる状態を考えると、

これらの会話って、決してプラス効果ではないと思うのです。

 

こんな状態だと、

朝からヤル気がなくなりませんか?

 

私も、組織に所属していた頃感じてましたが、

朝からガミガミ言われると、どっと疲れます。

 

そんな状態だと

「今日一日、さあ、やるぞ〜」

という気にはなりません。

 

 

朝礼は、「企業の顔」

朝礼を見れば、その企業がわかる

って、誰かが言ってました。

 

会社がいい状態か?

そうでない状態か?

 

社員一人一人の心の状態や人間関係や、
仕事において必要な考え方は何なのか、

会社は何を大切にしているのか、
どこに向かおうとしているのか・・・

 

その全てが集約されているのが朝礼です。

 

また、

朝礼は、「教育訓練の場」でもあります。

 

単発で受ける研修やセミナーよりも

はるかに効果が高いと思います。

 

なぜなら、

毎日、継続するものだからです。

 

 

考えてもみてください!

モチベーションが明確な社員同士が共通の目的や

目標に向かって走れる組織ほど、

強くやりがいのある組織はないです。

 

そして、

仲間も存在は、組織を強くします。

 

「いっしょにがんばって結果出そうよ!絶対できるよ!

できることは何でも手伝うよ!」

 

「どうしたら売上アップできるかな?

いっしょに考えてできることからまずやろう!」

 

って。

 

みんなが、本気で、助け合えるような雰囲気だったら、

あきらめない心が芽生えると思うのです。

 

「責める」よりも「励まし」です。

 

成果出したければ、深刻さよりも

「ワクワク感」を意識した方が効果的です。

 

人間のパフォマンスが最高に発揮できる状態は、

ワクワクしている時なのですから・・・。

 

あちゃ〜、名刺入れをなくした!、か?

 

 

 

先日、ある企業訪問を終え、

事務所に戻って来たときのことです。

 

ズボンの後ろのポッケに
入れていたはずの名刺入れがないのです。

 

名刺入れには、名刺以外にも、

カード型の事務所の鍵や免許証も入っていました。

 

なので、事務所に入れないのです。

「あちゃー、やっちゃった!」

 

 

でも最近は、

めちゃくちゃ、メンタルトレーニングをしているので、

冷静に、今できることに集中しました。

 

問題が起きてしまった事に焦点を当てるのではなく、

その問題にどう対処するのかを考えたのです。

 

「この問題は、自分にとって、どんなプラスの面があるのか?」

冷静に考えてみました。

 

まあ、考えてばかりいても仕方ないので、どこで落としたのか、

今来た道を戻ってみる事にしました。

 

最近は、自転車で移動しているので、激しくこいでいるとき、

ズボンの後ろのポッケから、スルリと落ちたに違いない。

 

ちょっと前には、企業訪問して、名刺交換をしたので、

そこでは確かに手にしていた・・・

 

目を皿のようにして、今通って来た道を丁寧に逆戻り。

でも、見つからない。

 

「ああ、どうしよう?」

「免許証、悪用されたらどうしよう?」

「まずは、警察か?」

いろんな思いが、頭の中を駆け巡りました。

 

 

そして、、、

気を落ち着かせるために手を胸に当て、深呼吸・・・

 

「おや?」

胸に当てた手の中に・・・

 

そうです。

胸ポケットにちゃんと入っていたのです。

 

その時の感情は、

「ホッとした〜」、

「幸せ〜」、

「ハッピー」、

「嬉しい〜」

 

通りすがりのおばちゃんに思わず、

「ありがとうございました!」

とお礼を言ってしまいました。

 

 

完全なる思い込みによる勘違い。

いつも、ズボンの後ろのポッケに入れているのが

なかったので、落としたものと思い込んでしまったのです。

 

こういうことは、日常生活でも結構ありませんか?

思い込みによる勘違い。

 

もっとタチが悪いのは、

それを、人のせいにして、こじれてしまったり、

不機嫌になったり、やる気を失ったり・・・

 

問題の多くは、そんな思い込みによる勘違いから

生まれることも多いのでは、と思った出来事でした。

 

でも、勘違いでよかった!(笑)

 

 
 

感情の押し売りの前に、すべきこと

 

 

先日、テレビ番組で最近の学校事情の特集やってました。

内容的には、部活が変わってきているのだそうです。

 

具体的に言うと、

スポーツ庁からの指導で、

「部活を週休2日制にしなさい」

と言われているそうです。

 

その特集で取り上げていた学校側も、

全員が部活に入ることを求めているようでした。

 

学生のインタビューでは、

「自分なんか、何もできない」

と苦痛を訴えていました。

 

その親も、

「子供がかわいそう。

子供がストレスなので、引越して、転校させたい!」

とまで言ってました。

 

 

その番組を、最初何気なく見ていたのですが、

だんだん、違和感を持ちはじめ、腹立たしくもなって来ました。

 

自分も、学生時代は、バスケ部だったので、

結構、厳しい感じでやってました。

 

自分の感覚では、部活なんて、

「自発的、自主的にやるものでは?」

 

と思ってしまうのですが・・・・

 

別に、「部活なんかやりたくない!」

って人がいて、さっさと帰宅する人がいてもいいじゃない?

そう思います。

 

また、運動部は、

「厳しいほうがいい」とか

「厳し過ぎて、可愛そう」とか、

議論して、アンケートを取っていたけど、

厳しくたって、楽しいと感じることもあるし、

緩い部活が楽しいわけではないですよね。

 

そんなの親とか第三者が出て来て、

その子の「感情」まで決めつけ、

議論している自体がおかしいのでは?

と思っちゃいました。

 

 

それは、そんな時代なんだとか、

そんな問題じゃなくて、

もっと根本的な問題なんじゃないかな?

 

結局、それぞれの立場で、

自分目線で考え、それを押し付けているに過ぎないのでは?

 

もっと、

子供たちの可能性を発見してあげるとか?

 

興味を持つような機会をたくさん提供するとか?

 

やれることは、

たくさんあると思っちゃいました。

 

 

なんでもかんでもガイドラインを作って、

管理したって、それは自己満足であって、

可能性を伸ばすことにはならないと思うのですが、

どうなんでしょう?

 

救いだったのは、新たな試みなんかも紹介されいていて、

練習メニューは自分で決めて、指導者は見守るだけ

という学校もありました。

 

部活の目的が何なのか?

それを考えると、自ずと答えは見つかるのでは?

と思います。

 

「ああしなさい」「こうしなさい」と

指摘したって、人間の感情は動かないし、

結局は、可能性を奪っていることになると思います。

 

「練習時間を増やせば、強くなる!」とか

「減らせば、弱くなる!」というのも単なる思い込みでしかありません。

 

義務感、やらされ感ならやらないほうがいいし、

しっかりと目的は何なのか?を自覚できれば、

周りの声なんかは気にならなくなるのでは?

と思います。

 

最後に一言、

本気でやれば、何でも楽しい!

楽しく感じてないなら、それは、本気になってないから・・・

 

 

 

それは、

営業活動でも、会社経営でも、人生でも

同じではないでしょうか?

 

 
 

筋トレ、はじめました〜

 

最近、めちゃくちゃ筋トレしています。

し過ぎて、筋肉痛になる程です。

 

でも、

筋トレと言っても、ジムに通って、

バーベルを持ち上げるようなことではありません。

 

普通の筋トレとは違って、

表情筋トレーニングです。

つまり、顔の筋肉です。

 

 

ちょっと、思い起こしてほしいのですが、

 

普段の生活の中で、

怒っている訳でもないのに「怒ってるの?」

疲れている訳でもないのに「疲れてるの?」

 

と言われてしまったことはありませんか?

 

言われるのは、まだいい方。

 

「そんな顔なの?」と、

思われているかもしれません。

 

子供の頃は、いい笑顔をしていたのに

いつの間にやら、仏頂面。

 

普段あまりにも表情筋を

動かさなさすぎて筋肉が凝り固まってしまっている

のです。

 

 

こうなると、

自分だけではなく、周りにも影響を及ぼします。

 

ある意味、クセです。

習慣です。

 

 

不機嫌そうにするのは、その人の勝手だけど、

不機嫌な人と一緒にいるのはイヤですよね。

 

 

営業の場面でも、

 

仏頂面した親切な営業マンと会っても、

親切の価値がわからないのです。

 

やる気満々の営業マンが、

ボソボソ弱々しい話し声であれば、やる気の価値は伝わらないのです。

 

それだけ、

外に現れているものは大切であるということです。

 

と言うことは、

脳と直結している筋肉である表情を

コントロールできるようになることが

大事と言うことに気がつきました。

 

楽しいから笑うのではない、

笑っているから、楽しいのだ!

 

人と会った時、

まず、見るのは、表情。

 

出会った瞬間、顔でつかむ!

テッパン顔を持つ。

 

そのために、

普段から、意識して、表情筋を鍛えているのです。

 

よかったら、一緒にやってみませんか?(笑)