今日から東京出張です

本日、18日から20まで、東京出張です。
新たな営業の研修です。

昼には、新宿にいることでしょう。
詳しくは、後日、お伝えしますので、お楽しみに・・・

 

また、東京の方々に北海道が元気であることをPRしてきます。

 

 

 

 

批判されたり、悪口言われるのは嫌です

地震の影響で、お墓も、もしかしたら崩れているのではと思い、

確認しに行ってきました。

 

結果、

無事でした・・・・

 

でも、中には、倒れている状態もありました。

改めて、今回の揺れの大きさを実感したところです。

 

 

 

さて、

毎日何かと、情報発信を心がけている私ですが、

 

何か発言しようとか、ブログを書こうとか、意見を言おうとか思ったとき、

ふと誰かの顔が頭に浮かんで、口や、手が、止まってしまうことがあります。

 

それは、「批判されたり、悪口を言われたら嫌だな〜」という

恐怖心があるからです。

 

「あの人がこう思うんじゃないかな?」など、

否定的な考えを想像してこわくなったり、

「多分、影でいろいろと批判されているんだろうなあ」

と思ってみたり・・・

 

でも、いいんです!

 

多くの場合、批判を恐れたあいまいな言い回しよりも、

ズバっと本質をついたホンネの発言の方が

人の気持ちをとらえることが多いと思うからです。

 

飲み込みそうになったひとことを言ったり、書いたりすることで、

新たな世界が見えてくることが多いです。

 

結構、想像したのと、違う反応があったりして、

驚くことも多いです。

 

 

時には、

空気なんて読まずに思い切って言ってみる・・・

 

間違ったと思えば、改めればいいと思うのです。

それが、経験となり、血となり肉となるのです。

 

 

そのひとことが、意外に賛同を得られたり、

面白がられたりするのかもしれません。

 

 

何も実行しないで、枠の中のみで無難に過ごしていては、

得られものも多くはないでしょう。

 

なんでも溜め込まず、吐き出してしまったほうが、

スッキリすると思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

営業活動を加速するツールのご案内です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

 
 

 

AIに仕事を奪われる?!

この間、話題になったのですが、

ある方が、今後どんどんAIが、発達して、

仕事がなくなると心配しているのです。

 

確かに、この部門は、どんどん発展して、

今のままでは、ほとんどAIでやってしまえる時代が

来るのかもしれません。

 

 

でも、これってとってもいいことですよね。

別に古い時代に逆戻りして、自分の権利を主張する

必要はないと思います。

 

あまり詳しいことはわかりませんが、

AIがいくら発達しようが、それをプログラムするのは人間です。

 

だから、

どんな時代が来ようとも、

「自分がプログラマーである」と自覚すればいいと思います。

 

そして、

「実際にプログラムを書く」ことをすればいいのです。

 

実際に「自分の人生脚本」を書いていけばいいのです。

 

決して、

他人に押し付けられたものではなく、

また、

社会に押し付けられたものではなく、

 

自分自身が望む人生あるいはビジネスを創造していけば、

いいと思うのです。

 

別に、今までの形式にこだわる必要はなく、

新たに作っていくという発想が大事です。

 

そのために

自分が望むゴール、理想の未来、望む結果を決める、

ことから始めるといいと思います。

 

自らが決めなければ、誰か他の人によって決められます。

主導権を明け渡してしまい、流されて終わります。

 

そして、 「AIに仕事が奪われた〜」と

恨み、ただただ文句を言う人間になってしまうのです

 

自分の人生において、

価値観は、十人十色、百人百様です。

 

それを活かしていくような生き方をしていけば、

何も怖がることはないと思うのですが、

いかがでしょうか?

 

 

 

 

営業活動を加速するツールのご案内です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

 

話が面白くない人の特徴

テレビなんかを見ていると、

話がうまいなあと思う人と、口数は多いんだけど、

何言ってるのかよくわからない人がいます。

 

その違いは、なんなのでしょう?

これがわかると、営業活動のヒントにもなります。

 

 

思うに、それは、

「ビジョン」を見せれるかどうかではないでしょうか?

 

「ビジョン」とは、

未来像や将来のイメージですね。

 

それをありありと、相手の脳の中に描くことができれば、

話がわかりやすくなると思うのです。

 

すると、長い説明などいらなくなります。

 

話が面白い芸人は、その辺がうまいですよね。

 

逆に、話が面白くない、退屈な人は、

説明ばかりがくどくて・・・・

 

中には、ギャグを詳しく説明する人までいます。

 

営業活動でも、

商品の良さをいかに伝えても、

商品購入後のビジョンを示せてないと

なかなか買ってもらえません。

 

クロージングがうまくいかない人は、

その辺りを意識してみましょう。

 

 

 

営業活動を加速するツールのご案内です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

 
 

 

坂部望さん

 

総営さぽーとプレゼンツ

 

「マスターマインド、

いらしゃ〜い!」

 

毎週月曜日 午前10:10〜10:40  放送中!!

さっぽろ村ラジオ(FM 81.3MHz)にて

 

【目的】
ゲストのオンリーワンを引き出し、語ってもらう
ゲストの可能性を引き出し、解き放つ

 

ラジオ出演希望者はこちら

 

 

今回のゲスト紹介

 

2018/09/10 出演 

坂部 望さん

 

先端創造事業研究所 代表

 

 

インタビュー

 

 今まで、ラジオに限らずメディアに出演に出演したことはありますか?

 はい、岡山、苫小牧、東京のマスメディア
 
 

 ラジオ出演に関し、いつ、どこで知りましたか?

サルーンの宮津さん

 

 話を聞いた時、どんな印象を持ちましたか?

ぜひ、北海道のメディアに関わりたい。

 

 出演中の感想は?

吉嶋さん、木村さんのリードに助けられてなんとか・・・

 

 出演中、戸惑った点はありますか?

震災後だったので、言葉に気を使ったつもり

 

 出演中のよかった点、悪かった点は?

   とにかく楽しかったです。

 

 

 出演を終え、今、どんな気持ち?

リスナーの反応が聞きたい

 

 ラジオ番組の良いところを教えてください。

もっとも身近なメディアで、将来絶対になくならないと思います。

 

 

 

出演時の映像ダイジェスト

 

 

 

 

 

お疲れ様でした

終了後の写真

 

 

 

 

興味のある方

 

ゲストとお知り合いになりたいに場合は
こちらから申請
ください。

 

 

 

Facebook

 

 

 

 

 

 

 

 

元CAだったという女性が、まさか・・・

ある財閥系保険会社で支部長をしていた時の話です。

支部長には大き分けて2種類の任務があります。

 

それは、成績マネジメントと採用活動です。

 

 

ある時、

元CAだったという女性を営業として

採用したことがありました。

 

外見は背もスラリとしていて、お顔もとっても美人で、

マナーも完璧、もちろん話もお上手でした。

 

なので、絶対に「成績優秀者」になると

思ったのですが・・・・

 

 

待てど暮らせど、結果は出ず。

 

「何でかな〜?」と不思議に思って、同行してみたところ、

あることに気がつきました。

 

多分、彼女は前職の癖なのでしょう、

何とも「当たりさわりのない」話し方なのです。

 

感じはいいけど、伝わらない、

そんな感じです。

 

もちろん、CAがいけないのではなく、

「当たりさわりのない、オブラートに包んだようなソフトな話し方」

によって、相手に伝わらないことが原因だったのです。

 

それは、機内の接客では好感を持たれるかもしれないけど、

営業的には、まずいのだな、と気づかされた出来事でした。

 

 

お客様も、忙しいのです。

目的をはっきり伝えないと、何をしていいのかわかりません。

 

 

営業なら、

「きっぱり」「はっきり」伝えることを意識しましょう。

 

 

 

 

 

営業活動を加速するツールのご案内です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

 
 

 

ついつい動かさる秘訣

「人を行動させる秘訣」を学びました。

 

それは、

2つの欲求のどちらかを使っていくということです、

 

どういうことかというと

人間は、基本的に苦痛を避けるか、快楽を得るために

行動するようにできているそうです。

 

 

ちょっと思い出してください。

子供の頃、勉強する場面を。

 

怒られるから、仕方なくか、

ご褒美をもらえるからのどちらかではなかったでしょうか?

 

 

もちろん、なんの恐怖やご褒美が無くても

自ら行動するのがベストだとは思います。

 

でも、

楽しさを見いだせないときや、

なかなか行動に移せない場合は、

 

あまりガミガミ怒られるのはイヤ

だけども、

 

他の楽しみを準備したり、

楽しみを知るきっかけを作るのは

悪いことではないと思います。

 

何の見返りも喜びもなく、

何かをすることは尊いことかもしれません。

 

ですが、自分が欲しいものや、避けたいことの

ために頑張るのは、人間の自然な仕組みなのです。

 

営業活動においても、

それを否定するような指導をしすぎると、

なんの楽しみも喜びも無いのに、

周りの期待や、義務感のみの行動で、

気が付けば自分の目的が見えなくなる・・・・

 

そんなことになってしまう人も少なくありません。

 

実は、脳の仕組みから言えば、

何かを楽しいと感じるようになる脳内のイメージを作るのは、

特定の行動をした時に、快楽やご褒美を繰り返し

与えられることで作られるものだそうです。

 

 

ここでいうご褒美は、何もモノに限ったことではありません。

 

大切な人や好きな人に褒められるなど、

その人にとってご褒美になればいいのです。

 

他の言葉で言えば、

「承認」ですね。

 

人は、褒められたり、認められたりすると

とっても、とっても、嬉しいものです。

 

逆は、

「否定」する

 

最悪なのは、

「無視」する

 

です。

 

日頃、存在が当たり前になってしまうと、

無意識に「承認」を忘れがちです。

 

意識して気をつけていきたいものです。

 

 

 

 

 

営業活動を加速するツールのご案内です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

 

一番じゃなければいけないの?

昔、営業会社で、勤めていた頃の話です。

 

不思議と、

「営業成績が、一番になった新人はやめる」

っていうジンクスがありました。

 

どうしてでしょう?

 

 

 

単純に燃え尽きちゃうんですね。

燃え尽き症候群ってやつです。

 

一番になったことを励みに

その後も頑張ってくれればいいのですが、

そう上手くはいかず、

 

「一番でなければならない、二番以下は意味ない」

と必要以上に思い込んで、自分のプライドを優先しちゃうんです。

 

そして、

仕事そのものもやめちゃうんです。

 

なんとももったいない話です。

どんな形でも一番になったという事は、

潜在能力が発揮されたという事です。

 

そこに気づいて、伸ばしていけばいいのに・・・

 

指導する方にも問題があったのかもしれませんね。

会社にとっては何番でもいいから、

続けてもらった方がいいはずです。

 

また、本人にとっても

せっかく自分の力を発揮できる仕事に

出会ってるのだから、もっと伸ばせるようにしていく方が

いいのでは思います。

 

「○○でなければならない」っていう義務感が

時に私たちを苦しめます。

 

 

あまりがんじがらめにならず、

心に遊びを持たせたほうが気が楽です。

 

そして、楽しいです。

 

 

瞬間風速的な記録より、

長持ちする自分になるために考えていきたいものです。

 

 

 

 

 

営業活動を加速するツールのご案内です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

居心地の悪さを感じる?

私たちは、

成功者や地位の高い人を前にすると、

萎縮し、固まってしまうことがあります。

 

多分、それは、

自分を卑下してしまったり、似つかわしくないと

勝手に思い込んでしまうからでしょう。

 

でも、それは間違いだと思うのです。

 

なぜなら、

居心地が悪いと感じるのは、

自分のレベルがまだそこまでに達っしていない

という指標に過ぎないからです。

 

 

生まれ持ってのお金持ちで、

何不自由なく人生を生きてきた人もこの世の中にはいます。

 

でも、

ほとんどの成功者は努力の人たちなのです。

 

だから、

努力をし、頑張っている人を

馬鹿にする人は決していません。

 

 

成功者や地位の高い人を避けるということは、

成功することを自ら避けていること

と同じことになるのです。

 

思うに、世の中のほとんど人は、

大人になると学ぶことをやめてしまいます。

 

でも、

社会に出てからこそ、本当は

学ばないといけないと思うのです。

 

それも、いかにして生き抜いていくかという

「知恵」を学ぶべきです。

 

 

お金を稼ぐ、健康であり続ける、

仲間と協力し合う、この世に生まれた使命を見つける・・・

そして、それを創造するのです。

 

今回の地震でも感じましたが、

私たちは生きていかなければいけません。

たとえどんな状況においてもです。

 

自分も食べていかなければいけないし、

大切な人も守らなければいけないんです。

 

単なる「知識」の多さを自慢していても、

無力だということが、今回わかりました。

 

いくら豊富な情報がネット上にあふれていても、

電源がなければ、一巻の終わりです。

 

どんなに知識豊富な学者よりも、

例えは悪いかもしれませんが、

ホームレスの方が、被災時には生き抜く術を知っているのではないでしょうか?

 

「知識」も多いに越した事はないでしょうが、

ただ単にそれに満足するのではなく、「知恵」として

活用していくことが大事です。

 

人間には、無限の可能性があります。

 

その可能性を生かすも殺すも、

実のところその本人次第です。

 

自分のステージを上げたい、と心から願うのであれば、

すでにそのステージに立っている人と

触れ合い、話をし、学ぶことです。

 

 

世の中は、出会いとタイミングです。

また、どんな時でも、どんな人からも学びはあります。

 

素直に行動し、「知識」を「知恵」に変換できる人だけが、

真の意味で、この世を生き抜くことができ、

より豊かな未来を手にすることができると思うのです。

 

今回のことを教訓に、

真の意味で、生き抜く力を身につけていきたいものです。

 

 

 

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

こんな時こそ、大切なこと

また新たな一週間が始まりました。

先週は、いろいろなことがありすぎたので、

いつもと違う感覚の週明けです。

 

 

日常と違うことが起こると、

自分のことを優先したくなっちゃいます。

 

もっと言うと、

自分さえ良ければと言う考えになりがちです。

 

でも、

こんな時こそ、共感する気持ちが大切だと思います。

 

共感とは、

相手の考え方の根っこまで見て、真に理解することです。

 

人が多くなればなるほど、

共感し合える状態はそうあるものではありません。

また、立場の違いも出てくるでしょう。

 

だからこそ、

「私が正しくて、あなたが間違っている」などと考えるのではなく、

「あなたの考えを求める」姿勢が大事だと思うのです。

 

相手について判断を下すのではなく、

相手の感情、心、精神の内にあるものをしっかりとつかもうとする姿勢です。

 

新しいアイデアは、

真の相互理解があって初めて生まれるものだと思うのです。

 

勝つか負けるかという考えではなく、

「お互いにとって、納得する案が必ず見つかる」という姿勢で

解決策を見つけていきましょう。

 

 

今日も、通常通り、ラジオ番組はやっていきます。

ゲストの方との共感を意識していこうと思ってます。

 

 

 

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから