なくて七癖、その癖どうする?

 

 

 

「なくて七癖、あって四十八癖」といいますが、

人は多かれ少なかれ、癖を持っています。

 

例えば、

貧乏ゆすりとか

しゃべっている時、目をパチクリするとか、

ゴルフのスイングにも癖がありますね。

 

なかなか自分では気づかないもので、

また、悪いと思ってないから直そうとしないわけで・・・

 

直すためにいい方法は、

人に見てもらい、指摘してもらう。

そして、自分で確認して、

直そうとする・・・

 

そう、

自分で直そうと思わなければ、効果は薄いわけです。

 

 

 

セミナーでも、

実際にビデオを撮って、

ビフォアー、アフターを確認することをしています。

 

すると、

短時間でも驚くほど、変わる人もいます。

 

そんな方は、

思っている自分と現実とのギャップとを

自分で認識し、意識して直そうとする方です。

 

だから、

直したい癖があるなら、客観的にみて確認し、

理想とする状態と比べ、そのギャップを認め、

意識して、修正する行動をしてみることが必要ということです。

 

 

 

効果がある方法としては、

自分が好きな人物を思い浮かべて、

モノマネするのがいいかもしれません。

 

その人の仕草や口癖、

表情をものまねしてると、自然に似てくるものです。

 

そして、

良い癖を完全に身につけるには、
反復することが必要です。

 

反復することにより、頭ではなく、

体で覚えるって感じです。

 

頭で覚えたことは簡単に忘れますが、

体で覚えたことはなかなか忘れません。

 

自転車の乗り方なんて、

まさにそうですよね。

 

あなたはご自分で、

今後、身に付けたい癖はなんでしょうか?

 

 

 

最後に

社長の口癖について、ご紹介しておきます。

 

失敗する社長の口癖は、

「私をみて!見て!凄いでしょう!!!」

自己重要感に満ちているのです。

 

 

成功する社長の口癖は、

「あなたは、素晴らしい!いつもありがとう!!!」

相手を称えるのです。

 

身に付けたいと思ったら、

徹底的に、反復練習してみましょう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です