鏡の中の自分は、最高の自分!?

 

毎週のラジオ番組は、

生番組でやっているんですが、

 

そのときに、映像も撮影し、

後日、編集してお渡しするようにしています。

 

そうすると、反応は様々です。

一般人である私たちは自分を

客観視する機会はそんなにないので、

 

写真やビデオを撮って渡すと、

「へ〜、こんなんなんだ〜」

といろいろと気づきがあるようです。

 

中には、

「自分は、こんなんじゃない!」

と否定する人もいますね。

 

結構、素の自分は分かっていないものです。

でも、その姿がありのままの自分です。

他人には、そのように見えているのです。

 

ちょっと、

想像してみてください!!

 

鏡を見るときは、

自分の最高の顔を演出しているのです。

普段、私たちは、その姿しか記憶にないのです。

 

だから、

何気なく撮られた写真や映像に違和感を感じるのでしょう。

 

 

テレビに出ている俳優やタレントは、

人に見られるのが仕事ですから

それに慣れています。

どのように写ればいいか心得ているんです。

 

ならば、

自分たちも、写されることになれればいいんです。

 

営業活動の中で、「何を売っているか?」

今一度、よく考えてみるといいでしょう。

 

当然、商品やサービスを売るのですが、

もっと大切なことがあるのでは、と思うのです。

 

セールストークを学ぶ前にもっと大切なこと・・・

 

それは、

「プロとして人から相談される人になること」

です。

 

 

鏡に映った自分を見て!

 

あなたは、その人に相談したくなるでしょうか?

 

人から何を相談される人なんでしょうか?

 

自分に相談されるだけの情報、知識、人格が

ある人に写っているてしょうか?

 

「自分だったらこんな人に相談したい!」

 

という人をイメージして、

それを、写されていない時も

徹底的に意識して活動してみる・・・。

 

 

もう一度言います。

売れる営業に変身するコツは、

「プロとして人から相談される人になる」

ことです。

 

 

 

自己プロデュース実践会

メンバー募集中!!

http://yosijun.com/LP/zisen

 

 

 

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.