大人の学び❤️

さあ〜、新たな週が始まりました。

今週は歴史に残るような行事も控えています。

楽しんでいきます!

 

 

さて、Facebookを見てますと、

時期的に合格発表の報告が増えてきて、

他人事ながらホッとしています。

 

てなわけで、

今日は、

「大人の学び」について書きたいと思います。

 

大人の学びは、学生時代とは明らかに違います。

きっと「意味合いが」変わるんですね。

 

どういうことかというと、

学生の頃の「学び」は「正解」を得るためのものでした。

 

つまり、

学べば、答えが分かり、正解を知れるのです。

 

ということは、

「学ぶことは、正解を見つけるためにすること」

だったんです。

 

多分、学生の時に、

そういった先入観を持たされたのかもしれません。

 

 

では、社会に出てからの「学び」はどうでしょうか?

 

誰かが、正解を教えてくれたり、

明確な答えを授けてくれますか?

 

実は、私もサラリーマン時代は

明確な「正解」を求め、仕事をしていたように思います。

 

先輩に教えてもらう、

上司に聞いて教わる・・・

 

そして、

「よし、わかったぞ!」と思うんだけど、

実際やってみると、聞いたことと、

目の前の現実とは違い、なかなか成果が出ない。

 

そんなことを繰り返していました。

 

これではいけないと、

今度は、本を読み、本から学ぶ

 

そして、セミナーに行って、

トップセールスの人から学ぶ・・・

 

「よし!これだ!!」と感じるんだけど、

それでも、どうも上手くいかない。

 

どうして!?

どうして、学んでいるのに正解が得られないの?

 

なぜなら、

必死に正解を見つけるために、学んでいたからです。

だって、学生時代は正解があるって、そう習ってきたから。

 

 

 

でも、ある時 ふと気づいたんです。

 

あれ!?正解ばかり求めてるけど、

正解なんてないんじゃないのか?」って。

 

どうしてかというと、

結果を出している人を注意深く見た時に、

学ぶことで「わかった!」という人ではなく、

学ぶことで「よし、やろう!」という人だったから。

 

そうなんです!

 

学ぶことは、正解を求めるためのものではなく、

行動に繋げるためのものだということに気付いたのです。

 

大人になってからの学びは、

行動に繋げていくためのもの」

 

これを意識して学ぶようになってからは、

学んだことを常に自分の動きに置き換え、

それを、実際の行動に繋げる。

 

そして、相手の反応をみながら試行錯誤し

また学んだことを活かして行動していく。

 

すると

思うような反応が得られるようになってくる・・・

 

 

つまり、

学んだことが、行動を通して、

自分の中に入り、育っていくという感覚です。

 

そんな感覚が得られるようになると、

もう学ぶことが楽しくて、楽しくて仕方なくなってくるんです。

 

 

「大人の学びは、行動に繋げるためのもの」

 

 

いままでは、学ぶことで正解を求めて「わかった」という気になっていて、

「わかったのにできない」という感じになっていたんだなと。

 

本当は、正解は誰も教えてくれないのです。

 

「これが正解だよ」という甘いささやきに惑わされてはいけません。

学んだことを、行動に移し、

経験の中から自分自身のカタチをつくっていく。

 

これが大事なのです。

 

そして継続的に学び続けること。

 

自分なりのカタチを明確にするために、

学び、行動すること。

 

これが楽しくなると、

いろいろな可能性が広がってくるのではないでしょうか?

 

だから、行動するために学びましょう!

そして、自分のカタチを明確にしていきましょう!

 

 

そんな学びをカタチにする

すごい学び方セミナーもやってます。

http://yosijun.com/LP/sugoi

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.