ストレスとの上手な付き合い方

 

 

今の世の中、疲労やストレスで
調子の悪そうな人を多く見かけます。

 

街をですれ違う人もまるで

免許証の写真のような顔をして歩いている人も多いです。

 

きっと、あらゆる場面でストレスが生じ、

疲れっちゃてるのでしょう。

仕事、日常生活、人間関係、金銭面・・・

 

現代は、成果主義の導入やIT化により

ストレスが多くなりがちです。

 

もし疲れ知らずで、

気分爽快であれば、効率も違ってくるのにと思う

今日この頃です。

 

 

 

多くの病の元は、

最初は皆小さなストレスだそうです。

 

ストレスにもいろいろあります。

 

日常で感じる小さなストレス。

肉体的なストレス。

人間関係のストレス

精神的なストレス・・・。

 

でも、

ストレスは、実は、体にとっては必要なものです。

軽いものであればですが・・・

 

それは刺激であったり、ドキドリハラハラ

ワクワクしたりっていう感情のことです。

 

逆の状況を考えてもみてください。

まったく何も変化の無い人生は

味気なくつまらないものです。

 

そういう前向きなストレスは、

無いよりあった方がいいようです。

 

反対にマイナスなストレス。

例えば、

毎日の小さな我慢の積み重ねとかですね。

 

真面目な人は特に注意する必要があるようですが、

全部を自分でやらないと気が済まないみたいな人。

 

我慢して溜め込んでしまう人や

全部自分で抱えてしまう人。

 

そんな人は、

いつか病気になるまで頑張るのをやめません。

 

そういう人はあるがままではなく

我慢をしてしまっているのです。

 

 

人一倍頑張る人や、責任感の強い人、

ついつい自分のことよりも周りのために

動いてしまう、無理をしてしまう人。

 

そんな方は、

定期的なメンテナンスが必要です。

 

ガソリンを入れなければ、

車も走ることはできないのです。

 

小さな芽を早めに摘むことが大切なのです。

 

身体を休めること。

心を休めて脳をリラックスさせること。

 

身体を休めるためのホルモンは

リラックスしているときにドバドバ出るようです。

 

私は、一日の中で、

このサイクルを意識しているようにしています。

 

そうすることで、

疲れを溜め込まない体質になりました。

 

仕事のしすぎで体を壊したり、

ストレスを溜めたり、

ネガティブ思考に陥っていったりすると

成功どころではなくなります。

 

そして本物の成功者ほど自分の体を大事にし、

周りの人に貢献するためのエネルギーを

日々蓄えていルものです。

 

時間管理を一生懸命するよりも、

エネルギーの管理に力を注いだ方が

いいと思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

 

 

リフレッシュサービスもやってます

http://yosijun.com/LP/offire

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください