ニーズセールス

少子高齢化、インターネット販売・通信販売の台頭
不況、デフレ、多業種からの参入など、
あらゆる業界で商品が売りにくくなってきています。

 

いや、そう言われています。

 

でもね、
ワタクシはこう断言したい!

売り方を変えれば、現在も今後も
営業成績は伸ばせると。

 

 

それは、

商品を売るという考えから、
お客の役に立つという考えに変えることです。

そもそも、
自社の商品を売らなくてはならないと考えるから
うまくいかないのです。

 

つまり、
商品ありきの販売方法なのです。

 

そうではなくて、
始めから商品のパンフレットお客様の目の前に出して
説明することをしないければいいのです。

商品ありきではなく、
お客様のニーズありきということです。

 

お客様がどんなニーズがあるか、
ひとつひとつ丁寧に質問していき「想い」を引き出すのです。

しっかり引きだしてから、
それにあった商品を提案していく。

 

例えていうなら、
洋服店で、既製品を勧めるか、
完全オーダーメイドの洋服を勧めるかです。

体のサイズを測ることは当然として、
襟の形はどんなものがいいのか?
色は?
柄は?
ポケットの形は?
と洋服のすべての部分の要望を聞きだし
それにあった洋服を作る・・・

 

 

このようにすると、
クロージングすら必要なくなるのです。

なぜなら、お客様に要望を言ってもらって、
それに合ったものを提供しているのだから・・・

断る理由もございません。

 

そもそも、安売りの既製品が欲しい人は、
安売り店で買うのです。

 

そこと勝負してもダメです。

営業マンが、必要とされる意味を考えて、
活動していきましょう。

 

 

ピン!ときたらすぐに実行してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください