それって、ズレてない?

 

 

話をしていて、なんとなくズレている感じってありませんか?

ポイントを掴んでないというか、ツボをおさえていないというか。

痒いところに手が届いていないというか・・・

 

それは、

あなたの思い、と相手の思いにズレが生じているということですよね。

 

つまり、頭の中で考えていることが違うということです。

 

 

営業マンの話を聞いていても、

全然響かない、興味がわかない場合があると思います。

 

それはなぜでしょう?

 

それは、

自分に関係ない話だと感じるからです。

商品がいくら魅力的でも、興味、関心がないのです。

 

 

営業マンの立場からすると、

そんな人にいくら商品の魅力を、

一生懸命、口からツバを飛ばしながら説明しても時間の無駄です。

 

まずやるべきことは、

「こんな商品あるのですが、興味ありますか?」

と尋ねることです。

 

「ないです」

と言われたら、

「ああ、そうですか」

と受け止めて、次にいくことです。

 

もし、、相手が、

「なになに?、それ!」

と、身を乗り出して来たら、お話ししてあげればいいのです。

 

その前に、自分が身を乗り出して、
説得しようとするからイケナイのです。

 

いいですか!

 

身を乗り出すのは、聞き手(=お客様)であって、

営業マンではないのです。

 

ここを間違ってはいけません。

 

そして、話を進める上で、もっと大事なことがあります。

 

それは、

「何それ?教えて〜」と懇願されても、

営業マンは、すぐに、喜んで説明しないことです。

 

そこは、ぐっとこらえて、

こう言いましょう。

 

「興味があるようですね。

それはどうしてですか?」

 

と、その理由をお尋ねするのです。

 

落ち着いた態度で、落ち着いた声で・・・

 

 

すると、相手は、ドキッとして、

 

「実は、・・・」

 

と、その話を聞きたい理由を考え、話し始めるのです。

 

 

そこでも、営業マンは、
途中で、口を挟んではいけません。

 

「うん、うん」、と少しオーバーアクション気味に頷き、

相手の目を見つめながら、

「そうだったんですね。」と共感するのです。

 

すると、相手は、

「この人、私の気持ちを本当にわかってくれてる。

ス・テ・キ!」

 

と、もう、目がハートになります。

 

 

そうなると、言葉は悪いですが、

 

猫に睨まれた、ネズミ、

蛇に睨まれたカエル

 

状態です。

 

ここまでは、

優秀な営業マンなら、
誰でもやっていることでしょう。

 

 

でも、

ここでさらに確率を高めるためには、

さんざん相手のお話を聞いた後、もう一言、

 

「他にありませんか?

本当に、それで、全部ですか?」

 

これです。

 

そこまで、聞き出せば、

もう、今朝飲んだ、3杯目のお茶の出がらし状態。

 

話のズレが生じる余地がございません。

 

 

ちょっと、妄想が入ってしまいましたが、

そんなにズレてもいないことでしょう。

 

お試しあれ。

 

 

 

 

7つのビジネスステップ公開中

http://yosijun.com/LP/7step

 

 

 

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください