改善は、永遠に続くのです

 

私たちは、「自分に似たもの」に好感を持ち、

「自分とは異なるもの」は拒絶するという

傾向があるのではないでしょうか?

 

例えば、

本を読んだり、人と話した時、

「なるほど」と共感するのは、

自分の考えと同じだという確認を

していることが多いです。

 

自分が間違っていないことを再認識して、

「安心」を手に入れているような感覚です。

 

 

しかし、このようにして、

自分と同じ考えをなぞっていくだけでは、危険です。

 

なぜなら、

その先に大きな成長を望むことはできないからです。

 

 

ある人が、「今は、レゴ時代だ」と言ってました。

それは、

いろんなブロックを組み合わせて、新たなものを作る、

つまり、

他社が持っている技術や部品を組み立て、新しいものを作る

そんな時代だということです。

 

改善は無限です。

昨日より今日。今日より明日。そして永遠に続くのです。

 

どうせなら、

世界一を基準にするのはどうでしょう?

常に世界一に目を向けて、そこから学ぶという姿勢、

そうすると、視野がどんどん広がってきます。

 

同業他社よりも、

むしろ、関係のない企業を参考にしていく・・・

そのほうが効果があるように思います。

 

なぜなら、

本当の世界一は同業ではないことが多いからです。

 

異業種も大いに参考にするのです。

そして、徹底的にパクるのです。

 

今は協力の時代です。

一人で、成功する人はいないのです。

 

 

相手を競合相手と見るのではなく、

たまたま、今一緒にプロジェクトをやっていないだけと考える。

 

そう考えていくと、

今の競合相手は、次回のコラボ相手になり得ると思うのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください