「質」をよくするためには・・・

 

 

 

最近、あらゆる分野で、

手っ取り早く結果を出したいという
傾向にあるように思います。

 

特にネット上では、
そのような類の話で溢れています。

 

ということは、

安直に、手っ取り早く質の高い仕事ができないかと

思っている人が多いということでしょう。

 

私が思うに

何事も時間はかかるものです。

時間をかけるから、実力がつくのです。

 

実は、逆説的でかつ回り道のように聞こえますが、

最初は、圧倒的な量をこなすことで、

圧倒的な質が生まれると思うのです。

 

私も、新入社員の時は、

毎日毎日、飛び込み営業で量を追求してました。

 

そうすると、
ある地点で、パターンが見えてくるんです。

 

この時間が在宅率が高いとか、

話法の組み立てとか・・・

 

例えば、

あのピカソは、生涯に、およそ13,500点の油絵と素描、

100,000点の版画、34,000点の挿絵、

300点の彫刻と陶器を制作したそうです。

 

天才と呼ばれている人でも、この量です。

あなたの今の行動の量は、どれほどのものでしょうか?

 

営業活動をやっているなら、まずは普通の人の3倍、

アプローチの数を増やしてみましょう。

 

 

もし、あなたが何かのクリエイターなら、普通の人の3倍、

作品の数を提出してみましょう。

 

そうすれば、いずれ、

結果的に、普通の人の3分の1の労力で

3倍以上の「質」を生み出せるようになるはずです。

 

結局、

圧倒的な量が、圧倒的な質に転化するということです。

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.