一番じゃなければいけないの?

昔、営業会社で、勤めていた頃の話です。

 

不思議と、

「営業成績が、一番になった新人はやめる」

っていうジンクスがありました。

 

どうしてでしょう?

 

 

 

単純に燃え尽きちゃうんですね。

燃え尽き症候群ってやつです。

 

一番になったことを励みに

その後も頑張ってくれればいいのですが、

そう上手くはいかず、

 

「一番でなければならない、二番以下は意味ない」

と必要以上に思い込んで、自分のプライドを優先しちゃうんです。

 

そして、

仕事そのものもやめちゃうんです。

 

なんとももったいない話です。

どんな形でも一番になったという事は、

潜在能力が発揮されたという事です。

 

そこに気づいて、伸ばしていけばいいのに・・・

 

指導する方にも問題があったのかもしれませんね。

会社にとっては何番でもいいから、

続けてもらった方がいいはずです。

 

また、本人にとっても

せっかく自分の力を発揮できる仕事に

出会ってるのだから、もっと伸ばせるようにしていく方が

いいのでは思います。

 

「○○でなければならない」っていう義務感が

時に私たちを苦しめます。

 

 

あまりがんじがらめにならず、

心に遊びを持たせたほうが気が楽です。

 

そして、楽しいです。

 

 

瞬間風速的な記録より、

長持ちする自分になるために考えていきたいものです。

 

 

 

 

 

営業活動を加速するツールのご案内です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください