元CAだったという女性が、まさか・・・

ある財閥系保険会社で支部長をしていた時の話です。

支部長には大き分けて2種類の任務があります。

 

それは、成績マネジメントと採用活動です。

 

 

ある時、

元CAだったという女性を営業として

採用したことがありました。

 

外見は背もスラリとしていて、お顔もとっても美人で、

マナーも完璧、もちろん話もお上手でした。

 

なので、絶対に「成績優秀者」になると

思ったのですが・・・・

 

 

待てど暮らせど、結果は出ず。

 

「何でかな〜?」と不思議に思って、同行してみたところ、

あることに気がつきました。

 

多分、彼女は前職の癖なのでしょう、

何とも「当たりさわりのない」話し方なのです。

 

感じはいいけど、伝わらない、

そんな感じです。

 

もちろん、CAがいけないのではなく、

「当たりさわりのない、オブラートに包んだようなソフトな話し方」

によって、相手に伝わらないことが原因だったのです。

 

それは、機内の接客では好感を持たれるかもしれないけど、

営業的には、まずいのだな、と気づかされた出来事でした。

 

 

お客様も、忙しいのです。

目的をはっきり伝えないと、何をしていいのかわかりません。

 

 

営業なら、

「きっぱり」「はっきり」伝えることを意識しましょう。

 

 

 

 

 

営業活動を加速するツールのご案内です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください