人間は、変化を恐れる生き物です

今の現状になんとなく満足していないのだけれども

ズルズルと時間ばかりが過ぎ去っていく・・・

 

そんな経験は誰でも持っていると思います。

 

 

なぜ、変えたいと思っても

なかなか変えられないのでしょう?

 

なぜなら、

人間は、変化を恐れる生き物だからです。

 

 

 

それも不思議なのは、

失敗を恐れることは当たり前のことだとしても、

 

実は、

成功することにも恐れているというのです。

 

良くも悪くも、

人は変化を恐れるもののようです。

 

 

では、

人が変わる時って、どういう時でしょう?

 

 

それは、

影響力のある「モノ」に出会った時です。

 

それは、ある分野で成功を収めている人物かもしれないし、

きちんと結果を出している人が書いた本かもしれません。

 

そういう「モノ」に出会って、共感して、

影響を受けるのです。

 

ちょっと考えてみて、

普段からそういう自分に良い影響や刺激を与えてくれる

人物や本はどれくらいあるでしょうか?

 

 

すぐに思い浮かびましたか?

 

正解はないかと思いますが

多ければ多いほどいいかなと思います。

 

「あなたの尊敬する人物は?」

 

という質問を受けて、

 

苦し紛れに

「両親です!」と

答える人がいますが、かなり問題です。

 

 

なぜなら、それは、

かなり親からの洗脳が強い可能性が

あるからです。

 

親を尊敬するのは、当たり前なこととして、

それを超える何かが欲しいところです。

 

 

人間というのは、生まれながらにして

物事に思考などはないと思います。

 

それが証拠に、

強い意志を持って、計画的に物事を進める

赤ちゃんなんて見たことがないでしょ。

 

 

ということは、

人間の思考というのは、育っていく環境のもとで作られるのです。

 

 

多くは、親からの影響でしょう。

そして先生や友人、仲間たち。

 

 

育ってきた環境で出会ってきた

人たちとの関わりで思考は作られているのです。

 

 

100%自分のオリジナルの思考などは

無いと思うのです。

 

ということで、

あまり他人の思考に振り回されるのではなく、

自分なりに解釈する習慣を身につけるのがいいと思います。

 

そして、いいものは、取り入れ、

悪いものは取り入れない。

 

そうすることで、

自分のオリジナリティが作られていくと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

営業活動を一気に飛躍させたいときは?

↓  ↓  ↓  ↓    

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから

 

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください