相手に気持ちよく話してもらうには?

昨年の4月から、

毎週月曜日にラジオ番組をやっています。

 

いろいろな方々にご出演いただいているわけですが、

たいていの出演者は、オファーした時、

「30分も話が持つかどうかが心配、自信がない」

と言います。

 

でも、終わってみると、

「時間が足りなかった、もっと話したかった」

と言います。

 

そう思ってもらうために自分で

心がけていることがあります。

 

 

 

それは、

相手に気持ちよく話してもらうには

どうしたらいいかです。

 

まず基本にあるのは、

相手に興味を持つこと。

 

人は誰かに興味を持つと、

その人のことを深く知りたいと思いますよね。

 

好きな人が出来たら誰でも自然に

その人の好みのものを知りたくなるのではないでしょうか?

 

好きな音楽は? 

好きな食べ物は?

好きな花は? 

好きな色は?

 

たくさん知りたいと思いますよね。

 

その会話の内容を基に話を
深掘りしていくことができます。

 

相手のことを深く知ることにより

落ち着いて対応できるようなります。

 

そして、

その中から誰にも体験できないような、

その人にしか話せない自慢話などが見つかれば、最高です。

 

また、

自分の心を大きく揺さぶった体験談などもあれば、

夢中になって話してくれます。

 

その内容を引き出すために

現在、過去、未来に焦点を当てて、

あらゆる角度から聞き出していくのです。

 

コミュニケーション力は、

才能ではなく鍛えられます。

 

営業の場面でも

自分が営業トークをするのかではなくて、
「いかに相手に気持ちよくおしゃべりしてもらうか」

を考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください