作成者別アーカイブ: yosijun

メンタルブロックを外そう!

メンタルブロックって言葉、よく聞きますよね。

 

多くの自己啓発本、ビジネス書でも

多く取り上げられるテーマの一つです。

 

一体どういう意味でしょうか?

 

改めて調べてみると、

人間が何か行動等を起こす場合に、

出来ない、ダメだ、無理だと否定的に考えてしまう

思い込みによる意識の壁、あるいは抑止・制止する思考のこと。

 

です。

 

それで、

メンタルブロックをかけ続けると、

結果として何もしなくなる

(何もできなくなる)といった状態に陥るのです。

 

深刻な事です。

 

 

ここで思い出すのが、サーカスの像の話です。

力があるのに発揮してない例え話ですね。

 

興味がある方は、調べてみてください。

 

話を戻すと、

メンタルブロックにかかることは

誰でもある事だそうです。

 

でも、恐ろしいのは、

結果として何もしなくなる

または

何もできなくなるということです。

 

つまり、

何か新しいことを始めようと思ったときに

メンタルブロックがかかっていると

 

本当はやればできることなのに

何もできない、何もしない

という状態に陥ってしまうのです。

 

 

では、そんなメンタルブロック

どうやって外せばいいのでしょうか?

 

 

代表的な解決方法としてよく挙げられているのが、

 

・メンタルブロックの外れた人と行動を共にする

 

・小さくていいから一歩目を踏み出してみる

 

・根拠のない自信で、自分をだます

 

・情報を集める

 

・詳細をイメージする

 

等々・・・

 

 

 

 

結局、自分の頭の中だけで考えて「できない」

と思っている以上、いま自分の頭の中に無いけど、

思考の転換ができるもの、「自分にもできるかも」と

思わせてくれる何かが必要ということです。

 

自分一人で、もがき苦しんでいても問題は解決しないので、

やれることから、やっていきましょう!!

 

 

 

個別相談受付中

http://yosijun.com/LP/soudan

 

 

 

 

 

いつでも、いけるから、行かない

今、日本には多くの外国人が来ています。

みんな思い出を作ろうと、観光名所はごった返してます。

 

でも、この間、テレビでやってましたが、地元の人は

意外と観光名所には言ったことはないそうです。

 

 

例えば、

京都に住んでいる人は、清水寺とか行った事がない人が、

結構な数いました。

 

考えてみると、

自分も札幌に住んでますが、時計台の下で会って、
写真撮ったりしませんもんね。

 

このように

近所の有名な観光地には「いつでも、いけるから・・・」
と言って行かないのです。

 

 

同じように

「いつでもやればできるから」というものは、意外と後回しになり、

「いつかやろう」となり、忘却のかなたに消えて行くものです。

 

つまり、

「いつでも、どこでも」という状況は、

結局は、後回しにしてしまうのです。

 

名著「7つの習慣」には

「重要だが緊急ではない」領域の活動について書かれています。

 

この領域をしっかりと管理できる人だけが、

できる人として周りから信頼と尊敬を集めます。

 

時間がない、時間がない、と言う人ほど、

「重要だが緊急ではない」事を後回しにしている傾向があります。

 

 

何も学べていない人ほど、「学ぶべきことを、後回し」にしているものです。

せっかく、本や教材を手に入れても、積んどくだけではもったいないです。

 

もっている本の数が、知識の量と、勘違いしてはいけません。

 

近所の有名な観光地には「いつでも、いけるから・・・」と言って、
行かないように、「いつでもできるから」という環境は、
行動を鈍らせる場合があります。

 

だから、あえて、

やるべき環境に身を置くという事を意識してみる・・・

 

旅行に行った時に、何が何でも、
有名な観光地を周りきるような気持ちで、

今週も予定を立ててみましょう!

 

 

ラジオ番組出演者募集!!

http://yosijun.com/LP/radio

 

 

 

 

ライザップ式セールス法

 

 

 

ライザップに通っている方から

話を聞きました。

 

広告がそうなので、

ライザップは定額制かと思っていました。

でも、相談に行くと、見積もりが出るそうです。

 

個人面談では、こんな感じで

話が進むそうです。

 

「どのくらい痩せたいのですか?」

 

「6キロです」

 

「では、お見積をします」

 

「あなたの場合は、◯◯円です」

 

想定額のほぼ倍から3倍の額を提示されたそうです。

 

でも、、クロージングが完璧に仕組み化

されているので、逆らえないそうです。

 

「はい」とうなずきご契約です。

 

 

ライザップのセールス法は

「コミットメント」です。

 

 

コミットさせるためには、

その前段階で、3つの作業があります。

 

1,現状を把握する。

 

「太ってますね」

 

2,どうしたいか、相手に言わせる。

 

「痩せたいです」

 

2,具体的な数字を言わせる。

 

「6キロ痩せたいです」

 

3,コミットさせる。

 

「わかりました。自己責任でやります」

 

こんな感じで、契約成立です。

 

ライザップの場合は、

広告が上手く、インパクトがありますが、

セールスも仕組み化されているようです。

 

 

 

未知の世界への恐怖

普通に考えれば、年齢を重ねるほど、
経験や知識も増えていくはずです。

 

でも、何歳になっても、自分の人生を

今以上のものにしようと思えば、

そこには新しい挑戦や未知の世界が待っているものです。

 

そして、
そのまだ経験したことがない未知の世界は、

当然、わからないし、見えないので、

必要以上に不安を大きくしてしまいがちです。

 

その結果、先に進めなくなってしまいます。

 

でも、行動を起こせなくなれば、

何も変わらないし、現状のままです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

いつも、言っているように、

考え方を変えてみるといくことです。

 

例えば、

「不安はいい事だ」

と考えてみては、いかがでしょうか?

 

どういうことかというと、

 

「不安は、自分の身を危険から守るためにある」

と考えてみるのです。

 

つまり、そこに危険があるということの

サインと考えるのです。

 

 

「恐い、恐い」と恐れてばかりだと

行動するのを辞めてしまいます。

ですが、
不安は「行動するな」という意味では無く、

「ちょっと立ち止まって、考えましょう」というサインだと

考えるのです。

 

つまり、危険を見極め、賢く準備し、

そして行動するのです。

 

だから、

恐怖心に感謝するのです。

 

なぜなら、

前もって、危険を教えてくれたのですから・・・

 

ということは、

もし、夢や目標に向けて進んで行く時に

恐怖を感じて行動できなくなる場面があったら、

恐怖から逃げたり、目をそらすのではなく、

危険を知らせてくれた恐怖に感謝しながら、

 

知性を使うことで、一歩踏み出し、

夢や目標を実現していくという考え方をすればいいということです。

 

チャレンジは、年齢ではなく、

やろうと思えば、いつでもできると思うのです。

 

 

個別相談受付中!

http://yosijun.com/LP/soudan

 

 

 

上手い!プレゼンターとは?

先日、ある新規プロジェクトの説明会に出ました。

その場で、いろいろな方々から、説明を受けたのです。

 

 

その時感じたことは、

詳しく説明をされたからと言って、
記憶に残るとは限らないということです。

 

つまり、

相手に話が伝わるかどうかは、
時間には比例しないということです。

 

私たちの脳は、
たくさんのことを一度に憶えることはできないそうです。

具体的にいうと、
短期的には、最大7つ、平均4つまでしか記憶できないそうです。

 

だから、

説明を長々と聞いたり、読んだりしていると、
次々と忘れてしまいます。

 

 

では、
相手にしっかりと伝えるにはどうしたらいいか?

 

スピーチの上手い人の特徴と言えるのですが、

話の上手い人は、人を聞く気にさせます。

 

その特徴は、

思いつくままに上げてみると、

 

まずは、構成がしっかりしてます。

ちゃんとオチがあるというか、つながりがあるんですね。

逆にいうと、

まとまりのない話は、聞き手を飽させます。

 

次に、
メモに頼りすぎるのも、ダメです。

よく、資料を読むだけの人もいますが、最悪です。

 

あとは、

だらだらと、センテンスが長い人も聞きづらいです。

しゃべっている人も、
着地点がどこになるのか迷子になっているのでは?

と思っちゃいます。

 

 

 

ワタクシは、

ラジオの生番組の前の打ち合わせで、

「センテンスを短くしてください。」
ということをお伝えしています。

 

すると、

「具体的には?」というように合いの手を入れることができて、

話が迷子になりません。

リズムもできて、聞きやすくなります。

 

あとは、ジェスチャーなんかも大事ですね。

人間、誰しも、動いているものに目を奪われます。

あの猫と似たようなものです。
 

正しい姿勢で直立不動だと、どうしても脳が飽きてしまいます。

もっと最悪なのは、だらしない姿勢で喋り続けることです。

よく、資料片手に体も傾きながら、
話し続ける方がいらっしゃいますが、目も当てられません。

 

さらに、

声の抑揚なども重要ですね。

一本調子だと、まるで、子守唄でも聞いてるかのようです。

多分、5分と持たないことでしょう。

 

いずれにせよ、

プレゼンやスピーチをするということは、

人にしっかりとお伝えするという責任が伴います。

 

まずは、その場をしっかりと想定し、

練習して臨むことが必要でしょう。

 

何事も、ぶっつけ本番ではいけません。

練習からくる自信が聞き手に伝わると思うのです。

 

 

 

 

 

テクニックだけを学んでもダメ!

 

今の時代、情報があふれています。

例えば、

本屋に行けば、

○○式集客法や

○○式魔法の成功術といった類の本が、

山ほど積んであり、逆に頭が混乱してしまうほどです。

 

そして、

本を読んだ直後は、

「おー、今度は頑張るぞ〜!」

と、燃えますが、しばらくすると、燃え尽きます。

 

なかなか長続きしないのは、なぜでしょう?

 

 

それは、

テクニックを学ぼうとしているからです。

 

考えてみると、

テクニックだけをマネても、そのやり方が

合うかどうかは自分しか分からないはずです。

 

テクニックをマネするよりも大事なことは、

「考え方」をマネるということです。

 

どういうことかというと、

うまくいっている人がどういう「考え」で、

その「方法」を取り入れ、

どんな「行動」をとっているのかを

読み取るのです。

 

こういう考えでいると、どんな事柄からでも学べます。

 

例えば、

プロ野球ニュースを見ていても、活躍した選手たちが

何を「考え」どう「行動」したのか?

 

インタビューやコメントから

たくさんの学びがあり、自分に応用できます。

 

 

さあ、

今日もアンテナをビンビンにし、

楽しく活動していきましょう!

 

 

 

7つのビジネスステップ

http://yosijun.com/LP/7step

 

 

 

 

時間がないなら、工夫する!

 

 

 

何か新しいことを始めようとする場合、

よく言われるのが、

「時間がない」

「時間ができてからにする」

 

そういう人は、
なかなか目標達成するのが難しいでしょう。

 

例えば、

わかりやすいのが、ダイエット。

 

「ジムに行く時間がないから痩せれないのよ」

という人がいますが、その考えがいけないのです。

 

考えてもごらんなさい。

今の生活の中から、新たな時間を作って、

ジムに行く時間を作るとすると、

何かをやめないといけないのです。

 

今の生活で、すぐにやめれることってありますか?

 

もし、グダグダした無駄な時間を過ごしているのなら、

今すぐやめて、ジムに直行してください!

多分、すぐに、結果も出ることでしょう。

 

でも、なんやかんやと、やるべきことが多いので、

後回しになってしまうのです。

 

であるなら、

考え方を変えてみるのです。

 

オススメは、分けて考えるのではなく、

生活の中に組み込むということです。

 

 

今、街中を歩いていると、

地下鉄の階段なんかで、ここまで上がると

何カロリーとか書いてます。

 

カロリーを消費して、ダイエットしたいのなら、

例えば、エスカレーターを使わずに、

その階段を3段飛びで駆け上がってみるとか、

地下鉄でも座らずにつま先先立ちして、スクワットしてみるとか、

 

工夫すれば、日常生活の中でも

体に負荷をかけることはいくらでもできます。

 

学習だって同じこと。

何か新しいことを学びたい時は、

仕事にそれを組み込めないかを考えるのです。

 

例えば、

映像編集を学びたいとしたなら、仕事で使える場面がないかを

考え、実行してみることです。

 

 

そもそも日本人は、昔から、

仕事と生活を一致させていました。

 

百姓と言う言葉は

100の細かい別々の仕事を

しているという意味だそうです。

ずっと仕事の中にいながら生きているということです。

 

今、世間では、

ワークライフバランスとか言って

ワークとライフを2つに分けて、
バランスを取りなさいと言ってますが、

これは、元をたどると西洋的な考え方なのです。

 

ということは、

日本人には仕事と生活が一体化しているほうが、

向いているとも言えるのです。

 

生活の一部として仕事や学習をする。

 

そして、

それがストレスなく生活と一致している・・・

 

この状態が、できないかを考え、実行して行くと、

次々と新たな事柄に挑戦でき、結果も出せると思うのです。

 

さあ、

今日も、日常生活に何をプラスオンできるか考えながら、

楽しくやっていきましょう!

 

 

 
 

 

自己イメージは?

昨日は、前日の大はしゃぎで、二日酔い状態で、午前中、ぼーっとしてました。

ぼーっとしていると、ぼーっとしたことしかできず、効率は上がりません。

 

これではいけないと、しばし目を瞑り、そのあと、軽く身体と動かし、

うっすら汗をかいたら、復活しました。

 

やはり、リズムとバランスを崩してしまうと、どうも調子が出ない。

てなことで、昨晩は早めに寝たので、今朝は、夜明け前から元気ハツラツです。

 

 

 

本当に今の時代はどんな環境に生きていても、
いろいろな意味で早いと思います。

ちょっと前に正月だったという感覚ですが、
もうすぐ、ゴールデンウィークです。

 

で、その中でどうしても、

 

自分で、事業をしておりますと、
いいも、悪いも、ある意味、自分の責任です。

 

だから、

人のせいにしたり、環境のせいにしてしてはいけないのです。

 

いいも悪いも他者中心ではなくて、

自分自身を中心にきちんとご自分と向き合っていく必要があります。

 

飲み過ぎで次の日を無駄にしてしまうのも、誰のせいではありません。

全ては、自分の選んだ結果です。

 

 

でも、今の環境が嫌で、それを酒で紛らわすのは、感心できません。

嫌な仕事、やりたくない仕事にしがみついているなら、
いいことは何もありません。

それであれば、お客さんにも迷惑だし、雇い主も迷惑です。

 

ただ、

「今まで何一つ、うまくいかなかった。だからこれからも・・・」
というのは違うと思います。

 

その考え方をやめましょう。

なぜなら、それは過去の出来ごとに対しての解釈に過ぎないからです。

そんな事で、あなたの未来をあきらめる必要など、どこにもないのです。

 

まずは、

自己イメージをつくることが、何よりも大事になるのです。

 

 

書店に行けば、いろいろなスキル本やハウツー本がありますし

ネットやセミナーなどからも、今の時代、情報がたくさんあり、学べます。

そこから、自己イメージを固めていけばいいと思います。

 

 

 

 

 

自立型営業マン養成講座

http://yosijun.com/LP/jiritusales

 

 

 

周りにいるのは、どんな人?

本日は、小樽からの朝です。

実は、未知の会の旧グループでのお疲れさん会でした。

 

ワタクシはこれにて卒業ですが、

他の皆さんは、新グループでの再出発となりますね。

 

このグループでも、

大いに学び、大いに遊んだわけですが、

思い出を共感できる仲間がいるっていうのは、いいですよね。

 

 

あなたの周りには

どんな人がいますか?

 

年齢を重ねるごとに

付き合う人は変わってきてますか?

 

ちょっと、

考えてみてください。

 

今お付き合いしてるのは、

どんな人ですか?

 

なぜこんなことを聞くのかというと、

もし、

いま以上もっと成長したいと思っているのに

付き合っている人が昔からずっと同じ

という状況ならば、

 

それはある意味、危険だからです。

 

 

もちろん、昔から変わらない関係というのも

あるでしょうが、

 

自分が成長するには、

意識的に付き合う人を変えるのも必要だと思うのです。

 

例えば、

意識的に自分より高いステージの人がたくさんいる

会に参加したとします。

 

すると、

当然、居心地は悪くなります。

 

 

ですが、そこでもがき、成長し

自分に実力が付くと、

 

自分が気づかないうちに

自動的にまた次のステージの人が

周りにいたりします。

 

つまり、

自ら上のステージに身を置き、

居心地の悪いと感じる環境の中で

努力することが自らの成長への近道だと思うのです。

 

 

居心地のいい仲間とつるんでいてばかりでは、

自分の成長はありません。

 

さあ、今週も、新たな出会いを楽しんでいきましょう。

 

 

純金の卵、もっと、もっと欲しい〜

今日は、日曜日なので、ワタクシが、

普段から意識しているある考え方をご紹介いたします。

 

 

 

それは、「金の卵を産むガチョウ」の話です。

超有名なお話なので、知っている方も多いと思います。

P(結果)/PC(結果をえるための能力)バランスについてお話です。

 

 

では、早速、始めます。

 

昔むかし、

ある貧しい農夫が、飼っていたガチョウの巣の中に

キラキラと輝く黄金の卵を発見したのです。

 

「えっ!何これ?」

と思って、近づいてみたのです。

 

すると、

なんと、黄金に輝いているではないですか。

 

最初は誰かのいたずらだろうと
思って捨てようとしたのですが、

 

「いや、もしや?」と

考え直し、念のために市場まで持って行く事にしました。

 

すると卵はなんと純金だったのです。

 

「えっ!マジ、マジ?」

 

農夫は、この幸運が信じられませんでした。

 

そりゃ〜、そうですよね。

突然、飼っていたガチョウが、黄金の卵を産んだのですから。

 

これは、夢か幻か?

 

でも、

翌日も、同じ事が起きたのです。

 

くる日もくる日も農夫は目を覚ますとすぐに、

ガチョウの巣に一目散に走って行き、
新しい黄金の卵を確認したのです。

 

「もう〜、最高〜!」

 

天にも昇る気持ちです。

 

やがて、

農夫は大金持ちになりました。

 

当然ですよね。

その黄金の卵は、純金なのですから。

 

 

ところが、ここからが問題です。

大金持ちになると、さらに欲が出てきて、

だんだんせっかちになっていったんです。

 

農夫は、

1日1個しか生まれない黄金の卵が

待ち切れなくなってきたんです。

 

そして、考えたんです。

 

「ガチョウの中には、たくさんの黄金の卵があるに違いない。

そうだ!このガチョウを殺し、

腹の中の卵を全部一気に手に入れよう!」(ニヤリ)

 

それで、本当に実行したのです。

 

すると、どうでしょう?

いざガチョウの腹を開けてみると、

中は空っぽだったのです。

 

黄金の卵はもちろんなく、

そのうえ黄金の卵を手に入れるガチョウさえも、

農夫は失くしてしまったのです。

 

「ガ〜ン!やっちまった〜!」

 

結局、欲を満たすために、その手段さえも

失ってしまったのです。

 

話しは、ここでおしまいです。

 

 

さて、

あなたはこの話から何を思いますか?

 

実は、

多くの人は、何かの結果を得ようと思った場合、

金の卵を産むガチョウを手に入れる前に、

金の卵のみを手に入れようとするのです。

 

 

例えば、

ビジネスをしっかり発展するような仕組みを作りたいと

思っているのにも関わらず、

 

「マニュアル通りにやるだけで、

寝てても手堅く100万円稼げる!」

とか

「コピペするだけで、あなたも億万長者!」

などなど、

 

「そんな話、あるの? 嘘でしょ?」

と思っていながら、

 

結局、そのお手軽なテクニックに興味を示し、

お金と時間を浪費してしまうのです。

 

そんな経験、ないですか?

 

裏口入学なんかも、同じ発想だと思いますよ。

 

それは、先ほどの「金の卵を産むガチョウ」の話からすると

ガチョウを育てつのではなく、

卵だけが欲しいと言っているようなものです。

 

つまり、
いくらマニュアル通りにやろうとも、

コピペをしようとも、結果を得るための能力(PC)

自体は伸びていかないということです。

 

もし、本当に結果を得たいのであれば、

本質的な思考をマスターしていく必要があると思うのです。

 

だからと言って、

全てを一人でやる必要はないとは思いますが、

いずれにしろ、ポイントとなるのは、結果を得続けるためには、

結果のみにフォーカスするのでは駄目だということです。

 

もっと言えば、

いくら目標を紙に書いて、

イメージトレーニングをしたとしても、

結果のみにフォーカスしては駄目だということです。

 

本当に必要なのは、

その結果を出すための能力や資源であり、

そのポイントを伸ばすようにしなくてはいけないということです。

 

 

そんなことを意識しながら

日々、活動しております。

 

総営さぽーとの7つのビジネスステップ

http://yosijun.com/LP/7step