作成者別アーカイブ: yosijun

それって、ズレてない?

 

 

話をしていて、なんとなくズレている感じってありませんか?

ポイントを掴んでないというか、ツボをおさえていないというか。

痒いところに手が届いていないというか・・・

 

それは、

あなたの思い、と相手の思いにズレが生じているということですよね。

 

つまり、頭の中で考えていることが違うということです。

 

 

営業マンの話を聞いていても、

全然響かない、興味がわかない場合があると思います。

 

それはなぜでしょう?

 

それは、

自分に関係ない話だと感じるからです。

商品がいくら魅力的でも、興味、関心がないのです。

 

 

営業マンの立場からすると、

そんな人にいくら商品の魅力を、

一生懸命、口からツバを飛ばしながら説明しても時間の無駄です。

 

まずやるべきことは、

「こんな商品あるのですが、興味ありますか?」

と尋ねることです。

 

「ないです」

と言われたら、

「ああ、そうですか」

と受け止めて、次にいくことです。

 

もし、、相手が、

「なになに?、それ!」

と、身を乗り出して来たら、お話ししてあげればいいのです。

 

その前に、自分が身を乗り出して、
説得しようとするからイケナイのです。

 

いいですか!

 

身を乗り出すのは、聞き手(=お客様)であって、

営業マンではないのです。

 

ここを間違ってはいけません。

 

そして、話を進める上で、もっと大事なことがあります。

 

それは、

「何それ?教えて〜」と懇願されても、

営業マンは、すぐに、喜んで説明しないことです。

 

そこは、ぐっとこらえて、

こう言いましょう。

 

「興味があるようですね。

それはどうしてですか?」

 

と、その理由をお尋ねするのです。

 

落ち着いた態度で、落ち着いた声で・・・

 

 

すると、相手は、ドキッとして、

 

「実は、・・・」

 

と、その話を聞きたい理由を考え、話し始めるのです。

 

 

そこでも、営業マンは、
途中で、口を挟んではいけません。

 

「うん、うん」、と少しオーバーアクション気味に頷き、

相手の目を見つめながら、

「そうだったんですね。」と共感するのです。

 

すると、相手は、

「この人、私の気持ちを本当にわかってくれてる。

ス・テ・キ!」

 

と、もう、目がハートになります。

 

 

そうなると、言葉は悪いですが、

 

猫に睨まれた、ネズミ、

蛇に睨まれたカエル

 

状態です。

 

ここまでは、

優秀な営業マンなら、
誰でもやっていることでしょう。

 

 

でも、

ここでさらに確率を高めるためには、

さんざん相手のお話を聞いた後、もう一言、

 

「他にありませんか?

本当に、それで、全部ですか?」

 

これです。

 

そこまで、聞き出せば、

もう、今朝飲んだ、3杯目のお茶の出がらし状態。

 

話のズレが生じる余地がございません。

 

 

ちょっと、妄想が入ってしまいましたが、

そんなにズレてもいないことでしょう。

 

お試しあれ。

 

 

 

 

7つのビジネスステップ公開中

http://yosijun.com/LP/7step

 

 

 

 
 

 

それは、スランプとは言いません!

 

 

営業マンの中には、ちょっと嫌なことがあると、

すぐに落ち込む人がいます。

 

昨日、いいことなかったら、

「今日もイマイチかなぁ」、と思ってしまったり、

 

今さっきのお客様さんの反応が悪かったから、

「次のお客さんにもまた断られるんじゃないか?」

と思ってしまったり、って感じです。

 

ワタクシも、こんな風に思っちゃう時期もありました。

 

 

でも、よく考えると、

昨日と今日は、全く別物だし、

さっきのお客さんと次のお客さんは、

あきらかに違うのです。

 

確かにバイオリズムなどで、

何をやってもうまくいかない日もあるでしょう。

 

でも、

考え方としては、常に、最新再生です。

 

つまり、

良くも悪くもその都度、自分をリセットです。

 

 

そうじゃないと、お客様の顔を見るたび

スランプです。

 

スランプとは、普段ちゃんとできてる人が

たまたま落ち込んだ時に使うのです。

 

いつも、落ち込んでいるのは、

スランプとは言わないのです。

 

昨日を引きずらない!

前のお客さんを引きずらない!

 

お客さんごとに自分をリフレッシュして、

ピカピカ最新、最高の自分で対応していきましょう!

 

 

総営さぽーとの7つのステップ

http://yosijun.com/LP/7step

 

 

ニーズセールス

少子高齢化、インターネット販売・通信販売の台頭
不況、デフレ、多業種からの参入など、
あらゆる業界で商品が売りにくくなってきています。

 

いや、そう言われています。

 

でもね、
ワタクシはこう断言したい!

売り方を変えれば、現在も今後も
営業成績は伸ばせると。

 

 

それは、

商品を売るという考えから、
お客の役に立つという考えに変えることです。

そもそも、
自社の商品を売らなくてはならないと考えるから
うまくいかないのです。

 

つまり、
商品ありきの販売方法なのです。

 

そうではなくて、
始めから商品のパンフレットお客様の目の前に出して
説明することをしないければいいのです。

商品ありきではなく、
お客様のニーズありきということです。

 

お客様がどんなニーズがあるか、
ひとつひとつ丁寧に質問していき「想い」を引き出すのです。

しっかり引きだしてから、
それにあった商品を提案していく。

 

例えていうなら、
洋服店で、既製品を勧めるか、
完全オーダーメイドの洋服を勧めるかです。

体のサイズを測ることは当然として、
襟の形はどんなものがいいのか?
色は?
柄は?
ポケットの形は?
と洋服のすべての部分の要望を聞きだし
それにあった洋服を作る・・・

 

 

このようにすると、
クロージングすら必要なくなるのです。

なぜなら、お客様に要望を言ってもらって、
それに合ったものを提供しているのだから・・・

断る理由もございません。

 

そもそも、安売りの既製品が欲しい人は、
安売り店で買うのです。

 

そこと勝負してもダメです。

営業マンが、必要とされる意味を考えて、
活動していきましょう。

 

 

ピン!ときたらすぐに実行してみてください。

 

 

なんか、納得できない話

 

 

同じ商品を取り扱い、一生懸命話法を学び

しっかり商品の良さを伝えているのに、

 

「あの人はドンドン売れているのに私はサッパリだわ。

どうして、私の言う事は聞いてくれないの?」

 

とサッパリした顔でお嘆きのあなた!

 

ちょっと、考えてみてください。

 

もし、

すでに結果を出している人から、

「結果は毎日の積み重ねですよ。」

と、日々の習慣の大切さを言われれば納得しますよね。

 

また、

お勉強のできる人から、

「ノートの取り方がポイントなんですよ。」

と、言われたら、ノートの書き方を変えようと思いませんか?

 

 

でもね、

結果の出してない人から、

とやかく言われたら、どうでしょう?

 

例えば、

毎日遅刻してくる人から、

「時間って大切だよね〜。」と言われるとか、

 

成績の悪い人から、

「こうやって勉強したら、楽勝だぜ!」とか、

 

スピーチが下手な人から、

「つまらない話を面白くする方法を教えちゃるか?」とか

 

言われたら、この温厚なワタクシでも、

突き飛ばしたくなっちゃいます。

 

 

ここで、大事なことは、

「なにを言うか」よりも、「なにをやってきたか」

だと思うんです。

 

信頼は一日では作れません。

「千里の道も一歩」から、「ローマは一日にしてならず」です。

 

また、信頼は、

言葉だけでも作れないのです。

 

あまり話を受け入れてもらえていないと感じているなら、

 

今まで、「なにをしてきたか」を

自分の胸に問いかけてみて下さい。

 

もう一度言います。

信頼は一日では作れないのです。

 

そして、

言葉は行動よりも軽いのです。

たとえ、どんなに体重が重くてもです。

 

「なにを言うか」より、「なにをやるか」

 

さあ、

今日も一日楽しく活動していきましょう!

 

 

 

 

52歳を迎えた朝、未知との遭遇は続く

体験する価値について考えてみました。

 

 

今の世の中、ネットに繋がってさえいれば、

調べれば、なんでもわかる時代になりました。

 

実際に行ったところがないところでも、

地図アプリでビューンとひとっ飛びです。

詳しく、街中を歩くことだってできちゃいます。

 

SNSも発達し、世界中の人と簡単に繋がることができ、

実際には会ったことがないけど、仲良くなったりできます。

それも、住んでる場所を選びません。

 

私の知り合いの英語の先生は、

好奇心旺盛な方で、興味を持ったらFacebookで接触し、

実際に会いに行ったり、日本に招いたりしています。

 

こんなことが、やろうとすれば、誰でも

普通にできるような時代にです。

 

ということは、

インターネットという仮想空間を使いこなすことで、

逆に体験の価値が上がったような気がするのです。

 

 

今日、私は、誕生日を迎えました。

52歳です。

なんとまあ、改めて、自分の年齢を知ると、驚きです。

 

52歳といえば、一般的には、家でも会社でも

「ご自由にどうぞ!」とほっとかれる年頃です。

 

まあ、

今までもそうだったのですが、

これから先も、未知のことばかりです。

 

毎日、これまで、

生きたことがない領域を生きているのです。

 

すでに、平均年齢から逆算しますと、

折り返し地点は、過ぎ去っています。

登山に例えるならば、すでに下り坂です。

 

 

今後の目標としては、

ライブ感を大切にして生きていくことです。

 

なぜなら、

実際に体験したことでないと、深くは語れないし、

体験したことでなければ、得られないことが多いと思うからです。

 

いくら、ネットで体感したところで、

実体験には、到底およばないのです。

 

だからこそ、

ネット内で、興味を膨らました上で、実際に体験していく・・・

 

それは、人物だったり、場所ばったり、お店だったり、

いろいろです。

 

くれぐれも、ネット情報だけで、

知った気になるような人にはならないようにしたいと

決意した、誕生日の朝です。

 

 
 

 

木野田秀樹さん

 

総営さぽーとプレゼンツ

 

「マスターマインド、

いらしゃ〜い!」

 

毎週月曜日 午前10:10〜10:40  放送中!!

札幌村ラジオ(FM 81.3MHz)にて

 

【目的】
ゲストのオンリーワンを引き出し、語ってもらう
ゲストの可能性を引き出し、解き放つ

 

ラジオ出演希望者はこちら

 

 

今回のゲスト紹介

 

2018/04/09 出演 

木野田秀樹さん

予防美容サロン

maneta代表

 

 

 

インタビュー

 

 今まで、ラジオに限らずメディアに出演に出演したことはありますか?

 はい
 
 

 ラジオ出演に関し、いつ、どこで知りましたか?

知人の紹介で知りました

 

 話を聞いた時、どんな印象を持ちましたか?

「え!!出演できるの?」とうれしかったです

 

 出演中の感想は?

とてもいいムードでリラックスできるようサポートいただきました

 

 出演中、戸惑った点はありますか?

早口にならないよう注意しましたが・・・

 

 出演中のよかった点、悪かった点は?

    吉嶋さんのリードが良くて話したいことがしっかりと伝えられたと思います。
    

 

 出演を終え、今、どんな気持ち?

とても、スッキリしています

 

 ラジオ番組の良いところを教えてください。

曲とかも流れ、声がそのまま伝わるので、温かさを感じます

 

 

 

出演時の映像ダイジェスト

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした

終了後の写真

 

 

 

ゲストからPR

 

 

【予防美容 matane

 

 

 

詳しくは、こちら

 

 

 

 

興味のある方

 

ゲストとお知り合いになりたいに場合は
こちらから
お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生かさず、殺さず」のライン?

同じような生活をしていても、

モチべ―ションが低下することはあるでしょう。

 

私も経験があります。

何となくやる気が出ないとか、

意欲がわかないとかいう時です。

 

一般的には、春先には、

多い現象のようです。

 

 

そんな時、どうしてますか?

ある人が、そんなことを話していた時、

串鳥の「もちベーコン」食べると言っていました。(笑)

 

 

まあ、そういうのも方法の一つですよね。

何かのきっかけが必要です。

 

人間のモチベーションは、

その人の価値観や体験によって複雑に機能しています。

 

モチベーションを意図的に上げる方法を真面目に答えるなら、

目標の再設定です。

 

 

人から与えられる目標ではなくて、

現在の自分にとって価値のある目標を

再度考えてみることをお勧めします。

 

その時、言葉はちょっと違うかもしれないけど、

「生かさず、殺さず」ぐらいなラインがいいと思います。

 

どういうことかというと、

あまり楽に達成できるものなら、自分の怠け心が出るし、

あまり目標が高すぎると、諦めちゃう。

 

そうならないように、

ちょっと頑張れば、達成できる絶妙なラインを設定するのです。

 

すると、細胞ひとつひとつが努力し、喜ぶと思うのです。

私は、そんなイメージを持っています。

 

科学的な根拠は、全くございませんが・・・

 

 

例えていうなら、

マニュアルミッションの車ですね。

今の若者たちには、

「何それ?」とご存知ない方も多いかもしれませんが、

同じ年代の方なら、運転されたことはあると思います。

 

ギアチェンジを適切に行うことは、

常に目標設定を再設定している状態と似ている気がします。

 

 

・今現在、自分が立っている場所ってどこなのか?

・これから行ってみたい場所(ワクワクすることが重要)はどこなのか?

 

まず、自分にとっての価値ある目標を再設定してみてください。

 

すると、

「もちベーコン」を食べ続けるよりも効果があると思うのです。

 

 

さらに疑問が湧くようなら

お気軽にお声かけください。

http://yosijun.com/LP/soudan

 

 

 
 

 

4月9日、ラジオ番組

 

本日のゲストは、

木野田 ひでき さんです。

 

予防美容サロンmataneの代表です。

お楽しみに!

 

 

ラジオ番組についてはこちら

 

 

 

Zoomでも、生でご覧いただけます。

総営さぽーとの「マスターマインド、いらっしゃ〜い!」

PC、Mac、Linux、iOS、またはAndroidからご参加ください。

https://zoom.us/j/489303752

 

 

即決の心地よさ

さあ、また新たな一週間の始まりです。

今週は、誕生日週なので、尚一層、引き締まります。

 

 

さて、人と話していて、

「この人できるなー」と思う人には特徴があります。

 

顔が美しいとか、スタイルがいいとかではなく、

今回注目したいのは話し方ですね。

 

そういうの特徴としては、

いいアイディアが出ると、

「じゃあ、一緒にやりましょう」

「即決の言葉」を発します。

 

できない、できる、の判断が早いんですね。

 

 

これはなぜかって考えてみると、

いつもうまくいく方法を考えていて、

判断基準をしっかり持っているからでしょう。

 

つまり、うまくいく方法を日頃からインプットし、

勉強する時間を持っているということです。

 

だから、

ビジネスの場でも、重要な決断が、

その場でドンドン決まるんですね。

 

私なんかは、

そのスピード感が

何とも心地よく感じちゃいます。

 

 

 

ある人が言ってました。

「決断までの時間と

成功確率は比例しない」って。

 

どういうことかというと、

悩んだからと言って

必ずしも成功確率があがるわけではないってことです。

 

もちろん、

何も考えずに決断するのはダメですが、

直感っていうのも大切です。

 

そして、直感の確率を高めるインプットを

日頃からしておくことが大事だということです。

 

意識してみてください。

 

 

 

 

どことなく、気品にあふれている人の特徴

この世の中、誰でも、一日の時間は限られています。

美しい方も、そうでない方も、

お金持ちも、貧乏人も、一日に与えられた時間は24時間です。

 

そういった意味では、人類みな平等です。

でも、時間の使い方は、人それぞれです。

 

 

 

いつも時間に追われて、フウフウいっている人もいますし、

なんとなく、余裕があって、エレガントな人もいます。

 

その違いは何なのでしょう?

 

一流の方は、あまりあくせくしておりません。

どことなく、気品にあふれています。

 

どうしてなのかなあとその理由を考えてみると・・・

一流の方は、

最初から完璧を求めていないからじゃあないでしょうか?

 

とりあえずやってみて、

そこからブラッシュアップしていく、

そんな感じです。

 

わかります?

 

凡人ほど、何かを始める時、

つい完璧さを求めてしまいます。

 

そうこういうこの私もそうだったからよく分かります。

 

 

でも大事なことは、

「できること」よりも

まずは「やる」ことなのです。

 

そこに、私は、気づかされました。

 

いいですか?

 

いくら、いいアイデア持っていても、

実行しなくては、ないのと一緒です。

 

できるかできないかは、

やってみないと分からないのです。

 

何よりも

まずはやってみることが大切です。

 

人は、いくら知識を仕入れても

行動し、習慣化する人はごくわずかです。

 

そりゃ、一日のうちで、

緊急にやらなきゃいけないことは、

たくさんあるでしょう。

 

そして、それは、なくなることはないのです。

それが、生きてる証です。

 

 

誰でもそうです。

 

だから、

自分の「本当にやりたいこと」からやらないと、

「やらなければならないこと」で予定が埋まってしまいます。

 

この違いわかります?

 

誰でも、一日に与えられた時間は、24時間です。

 

でもそれを、しっかり活用しないと

あなたの望む人生や成功は手に入りません。

 

決して・・・・です。

 

「やらなければならないこと」ではなく、

「やりたいこと」に意識を変えましょう。

 

日曜日にぼーっとすることが、

あなたの本当にやりたいことですか?

 

年齢を重ねていけば、

望まなくても、ぼーっとしなくてはならない時は

必ずやってきます。

 

今からぼーっとする必要はないのです。

行動をしてください。