日別アーカイブ: 2018年2月7日

「感謝」を最大の目標とする

売れる営業マンと売れない営業マンは、
目指している目標が違うように思います。

 

具体的に言うと、売れない営業マンは、
他の営業マンから「憧れる」を目指しています。

一方、
売れる営業マンは、お客様からの「感謝」を目指しているのです。

 

売れない営業マンは、基本的に説明中心の営業です。
考えてる事は、
上手なプレゼンをしてお客様を惹きつけるということです
それで、自分自身に酔いしれます。

でも、
お客様とは一筋縄にはいかない相手です。

ですから、
そのお客様を魅了して自分の説明で惹きつけるには、
大変なパワーが要りますし、聞かせるテクニックもいります。

一部のトップの人たちは、この力がつば抜けています。
だから、その営業マンに憧れる営業マンも多いでしょう。

 

でも、ここには、意外な落とし穴があります。
説明中心の営業は説得力があり、パワーもあるのですが、
でもそれは、ある意味お客様を一時的に興奮状態にしているに過ぎないのです。

なので、
お客様が、冷静になり、改めて商品を見直したときに、
キャンセルや再度検討になる場合が多いです。

 

 

 

一方、売れる営業マンが目指してるのは、
基本的にお客様からの「感謝」です。

考えている事は、お客様を知ること、
そしてお客様の欲求ニーズを解決してあげることです。

売れる営業マンは、お客様との出会いは、一期一会であり、
かけがえのない友人と考えます。

 

その友人であるお客様を理解し、
役立とうとすることに力を注ぐのです。

ですから、
お客様の欲求ニーズを引き出し、実現解決に最大限に協力します。
そのために商品の提案があると考えているのです。

お客様自身も気づいていない欲求ニーズを引き出し、
解決策を一緒に考え、提案できたときには、
営業マンは、最高の賛辞である「感謝」を受けるのです。

その喜びは、何物にも変えがたいものであり、
最高のモチベーションになるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

アイデアが浮かばない時、どうしてる?

 

 

考えてもなかなかアイデアが浮かばない時ってありますよね。

そんな時、どうしてますか?

 

私が意識してやっていることは、

とにかく考え続けることです。

 

多くの場合、人は短期間で答えを求めてしまい、

その期間で正解を見つけられないとあきらめてしまうようです。

 

でも、不思議なもので、
とにかく意識して考え続けていると、
ふとした瞬間に必ず求める答えは得られるのです。

 

そのためにオススメなのは、

アイデアをその都度メモに残しておくことです。

 

私は、主にEvernoteを使ってます。

歩きながらでも、音声入力もでき、
いつでも書き換えられ、アイデアが蓄積できるからです。

 

 

 

 

このように

意識を高めておくと

寝ている時もアイデアが降ってくることがあります。

 

そして、

一見関係ないと思われることでも
繋がってくることもあるのです。

 

つまり、点と点がつながる瞬間です。

 

点と点をつなげることに対して、

スピーチでスティーブ・ジョブスは次のように言っています。

 

”将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。

できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。

だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。”

 

 

その時はつながらなくても、
後からつながると信じることが重要だと言ってます。

 

だからこそ、

点と点をつなげるために、
普段からどう意識し、行動しておけばよいかだと思うのです。