日別アーカイブ: 2018年2月25日

先延ばしせず、さっさとやる!

 

 

いたずらに時間の引き延ばしをするのが

人間の悪い癖です。
 

誰もが経験はあるのではないでしょうか? 

今日やるべきことを、

「今でなくてもそのうち…」と言いながら、

先延ばしにし、結局やらなかったことが。

 

でも、

人は「そのうち、そのうち」と言いながら、

結局やらないことが多いのです。

 

普段からやる習慣のない人が、

いざという時、やり遂げる確率は限りなく低いと思うのです。

 

なぜなら、

先延ばししているうちに周りから違うことを頼まれたり、
邪魔が入ったり、他の重要事項が発生したりするからです。

 

自分も

過去を振り返ると、先延ばししたために、

問題を大きくしてしまった経験がたくさんあります。

 

だから、できるだけ先延ばししない習慣を

身に付けたいと思ってます。

 

 

先延ばしの癖を克服する方法は、

頭の中で成功体験をイメージすると良いそうです。

 

物事は2度つくられると、

世界的な名著「7つの習慣」にも書いてあります。

第2の習慣ですね。

 

つまり、

知的な創造と物的な創造。

 

目的を持って始める事です。

プロジェクトのゴールを決めることです。

 

自分の望む方向や目標を明確に描くと、

日々の仕事に新たに取り掛かることができます。

 

すると、

自分の主体性を発揮することができ、

物事を実現し続けることができるようになるのです。

 

 

そうは言っても

自信喪失気味になることもあるでしょう。

 

そんな時は、

活気に満ちた前向きな記憶をよみがえらせると良いようです。

 

今まで

人生100%成功してきた人はいないのです。

 

そう考えると、気も楽です。

考えをポジティブに改善していきましょう。

 

また、

先延ばししない特効薬は、

時刻を決めたら、きっかりその時間にやり始める事です。

 

とにかく、最初の一歩が大切です。

始めてみると、どんどん乗ってくる場合があります。

車を動かす時もそうですが、動き始めが一番エネルギーを使うのです。

 

 

最重要なことを先延ばしにして、

ささいな事柄に時間を費やしていてはいけません。

 

そのためには、

前もって計画を立てておくことも必要です。

 

決まった時刻に仕事を始めない習慣は、

成功できない最大の原因なのです。

 

まとめると、

 

・迷わず実行すること。

・機械的にやり始める事。

・前の日に活動内容をイメージし、

その時間になったら必ず第一歩を踏み出すこと。

 

この習慣を是非身につけたいものです。