日別アーカイブ: 2018年4月4日

なんか、しっくりこない?原因は?

ちぐはぐな質問は、イライラする。

 

 

先日、携帯電話のプラン変更をしたくて、

某電話会社に行った時の話です。

 

待ち時間に事細かにアンケートを書かされ、

やっと順番が回ってきたので、

担当者と話していると・・・

なんかしっくりこないんですね。

 

上から目線というか、

事務的というか、冷たいというか、

話していて、気分が乗らないのです。

 

こちらからすれば、

わからないから聞いているのに

質問に的確に答えてくれないというか、

ピントが外れているって感じなのです。

 

わかります?

 

 

 

何でなのかなあって、

その原因を私なりに考えて見ると、

 

その担当者は、

質問が下手なんですね。

 

下手というより、

あまりしてこなかったんです。

 

多分、その担当者は、

毎日大量にやってくるお客を

無意識でパターン化し

自分の中で決めつけて、話していたのでしょう。

 

だから、こちらとしては、

なんか押し付けられているような感じがして、

しっくりこなかったのだと思います。

 

もし、最初に、たった一言でいい、

「お客様、本日ご来店いただいたということは、

何かお困りなことがあるのですか?

それをお聞かせください」

と言ってくれたら・・・

 

多分、

スムーズに気分良く、お話しできたんじゃあないかな?

 

 

マニュアル通りにやれば、

相手が満足するとは限りません

 

質問によって、

相手の気分が変わるものです。

 

話し上手な人というのは、

ネタのおもしろさや話し方のうまさもあるけれど、

質問がうまくて相手からおもしろい話が引き出せる、

という面を必ずもっているものです。

 

逆に質問がうまければ、

たとえ自分に実力がなくても

優れた人から情報が引き出せるものです。

 

また、

話す内容をおもしろくするのはなかなか難しいけど、

質問は鍛えれば誰でもうまくなるものです。

すなわち技術だということです。

 

よいコミュニケーションは「質問力」から生まれます。

 

相手が答えやすいように質問する・・・

 

場にそぐわない質問や、

何を聞かれているのかはっきりしない質問、

それを聞く意図が分からない質問は相手をイラ立たせます。

 

気をつけましょう。

 

 

お困りごとの個別相談

http://yosijun.com/LP/soudan