日別アーカイブ: 2018年7月21日

ちょっと断られると、凹んでしまう人へ

昨日から、ビアガーデンが始まった札幌です。
今日は、週末、気温も30℃超えそうです。
ちょっと、出かけますか?
 
 
 
 
さて、
今の若者は、打たれ弱いと言われています。
営業の世界でも、特にそんな傾向があるようで、
頭を悩ましている社長も多いです。
 
ちょっと断られると、凹んでしまうようです。
 
 
 
そんな方には伝えたい!
 
仕事内容は、「自分の人格」
とはイコールではないのです。
 
 
だから、あなたの仕事のやり方、
結果を否定されたからといって、
落ち込む必要も、へこむ必要もないのです。
 
むしろ、喜ぶべきです。
 
なぜなら、誰かに仕事のやり方や
結果を否定されたり、指摘されるというのは
成長のチャンスだからです。
 
 
私たちは、子供の頃から学校教育の試験や受験を通して、
間違うことは「悪」であるというすりこみを強く受けています。
 
そのせいで、
間違うことや失敗を恐れるようになったのかもしれません。
 
 
そして、失敗や間違いを恐れるから、
行動をしなくなり、意見を言わなくなり、
成長が止まり、成功しないのです。
 
一方で、短期間で成功していく人を観察していると、
真逆の考え方をします。
 
どんどん行動し、成長し、結果を出していくのです。
 
 
つまり、
失敗、間違いを悪と考えるのではなく、
失敗、間違いを学びと成長のチャンス
と考えるのです。
 
だから、
失敗し、間違う事が学びと成長のチャンスであるなら、
行動したり、意見を言って、間違ったり
失敗することを恐れる必要はありません。
 
なぜなら、
失敗し、間違うことこそが、
成長し、成功へと近づくことを意味するからです。
 
すると、
さらに行動が加速され、
成長と学びも加速され、
 
その結果、
結果の出るスピードと
成功のスピードも加速されるのです。
 
そう考えると、
気も楽なのではないでしょうか?
 
 
DRMセミナーのご案内は、