月別アーカイブ: 2018年8月

石川美代子さん

 

総営さぽーとプレゼンツ

 

「マスターマインド、

いらしゃ〜い!」

 

毎週月曜日 午前10:10〜10:40  放送中!!

さっぽろ村ラジオ(FM 81.3MHz)にて

 

【目的】
ゲストのオンリーワンを引き出し、語ってもらう
ゲストの可能性を引き出し、解き放つ

 

ラジオ出演希望者はこちら

 

 

今回のゲスト紹介

 

2018/08/27 出演 

石川美代子さん

 

札幌国際プラザ外国語ボランティア

 

 

インタビュー

 

 今まで、ラジオに限らずメディアに出演に出演したことはありますか?

 HTB 朝の情報番組等
 
 

 ラジオ出演に関し、いつ、どこで知りましたか?

吉嶋さんのご紹介

 

 話を聞いた時、どんな印象を持ちましたか?

おもしろそうなのでぜひ!と思いました。

 

 出演中の感想は?

楽しかったです。思っていたより緊張しませんでした。

 

 出演中、戸惑った点はありますか?

ありません

 

 出演中のよかった点、悪かった点は?

   とても話しやすくしていただいて、とても楽しめました。

 

 

 出演を終え、今、どんな気持ち?

 楽しめてよかったです。

 

 ラジオ番組の良いところを教えてください。

声だけだとどんな感じなのか興味があります

 

 

 

出演時の映像ダイジェスト

 

 

 

 

 

お疲れ様でした

終了後の写真

 

 

 

 

興味のある方

 

ゲストとお知り合いになりたいに場合は
こちらから申請
ください。

 

 

 

Facebook

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃的な数字

先日こんな話を聞きました。

 

新しくできた会社の約9割は、

5年以内には実質、倒産状態になるんですって。

 

 

 

この数字は、衝撃的でした。

だから、考えなければいけないことは

今、会社があることが当然ではないということです。

逆に、

存在していることの方が奇跡に近いのです。

 

そう考えると、働ける会社があること自体、

感謝の心が芽生えますね。

 

 

それで、倒産状態になってしまった社長たちが信じていたことは、

「良い仕事さえしていたら、自然と紹介でお客さんが集まってきて売れるはずだ。」

ということです。

 

 

 

でも、考えてみてください。

どんな良い商品も、どんな良いサービスも、

誰かが人に伝えて、きちんとアピールしていかないと広がりません。

 

 

だから、

生き残っている会社というのは、

マーケティングと営業に力を入れてる会社です。

 

 

会社っていうのは、

良い商品を作る、ことは当然大事ですが、

それを広めて売る、ということも、とても大事です。

 

つまり、

この2つが両輪なんですね。

 

 

あらためて営業力を強化することに力を

注いでいきたいものですね。

 

 

 

 

 

総営さぽーとのテレアポ支援

http://yosijun.com/LP/telapo

 

 

 

 
 

 

ストレスと戦わない

ストレスはどんな時に生じるか?

 

やりたくもないこと、得意でないこと、向いていないこと、

これをやり続けているとストレスを感じるのではないでしょうか?

 

ストレス状態だと、なかなかスピードも上がらず、

やる気も出ず、やっても成果が出ないということがおきてきます。

 

 

 

ところで、

できる営業マンが結果を出せるのは、なぜでしょう?

 

それは、

自分にあった営業方法などを

実践しているからだと思うのです。

 

 

よく上司やセミナーなどから、

「これをやりなさい!」という指導がされます。

 

例えば、

 

「常に笑顔でいなさい!」

「軒並み訪問しなさい!」

「出会った後には礼状を書きなさい!」

 

などなど。

 

 

しかし、人には合う合わないというのが

あるわけですよ。

 

 

何事も義務感でやっていると

効果性は薄いです。

 

私も

以前は、片っぱしから、言われたことを

やってた時期もありますが、

今は、何をやらないかを選択する事を意識しています。

 

やらないと怒られるとなったら

いやいやでも、やるかもしれません。

 

でも、

それはメチャクチャ、ストレスなわけです。

 

脳は、ストレスを感じると、

つまり、「不快」な感情になると、

パフォーマンスは上がらないのです。

 

だから、

どうしたら、何をやったら、「不快」ではなく、

「快」の状態になるか?

「ワクワクする状態」とは、どんな時か?

 

その内なる声を自分自身に問いかけてみる

ことが大切だと思うのです。

 

 

 

 
 

 

「空気」を変える

営業活動でやるべき目標は決めているのに

なかなか思うように達成できない。

 

こんな相談を受けるケースが多いです。

 

 

 

よくよく話を聞いていると、

「目標に向かって頑張ってます!」

「自分の悪いところは分かっています!」

と、前向きな意見が出てくるのです。

 

 

でも、

なぜか結果が出てこない。

 

毎朝、朝礼では、気合を入れられ、

 

「よ〜し、今日こそは!」と思ったとしても、

少し時間が経つと、またいつもの気持ちに戻ってしまう。

 

 

「人」を変えようとしても、

チームや組織が変わらない原因の一つに

「場の空気」があると思います。

 

「場の空気」が悪いと、当然、

良い結果も生まれづらいのではないでしょうか?

 

ちょっと前に、「KY」という言葉が流行語にもなりましたが、

特に、日本人は、まわりの空気を読み取る力に優れています。

 

だから、

「場の空気」が良くなれば、

人は自らどんどん動き出すと思います。

 

人を動かすために言葉で指示命令するよりも、

「空気」の変え方を徹底研究した方が、

良い成果が出るような気がします。

 

営業の場面でも、この「空気を作る」ことが、

とても大切だなあと思っております。

 

さあ、本日も、

「空気」を意識して作っていけるよう活動していきましょう!!

 

 
 

 

今を生きるという考え方

十分に時間をかけて、計画を立てることも

時には必要です。

 

 

でも、

結果を出す人は、

今日を充実させることに熱心だと思うのです。

 

 

どういうことかというと、

目標達成に向かって「今日」、「今」、

この瞬間に何をするのが一番効果的か?

と考え、頭が「今」に集中するということです。

 

 

多くに方は、

頭の中が「過去」や「未来」に向いています。

 

例えば、

「学生の頃は楽しかったなぁ~」と過去の記憶ばかりを

懐かしんでみたり、

 

「将来どうなるかなぁ」とまだ起きてもいない未来を

心配してばかりしていたり・・・。

 

 

英語ではボーっとしていることを

「space out」と表現するそうです。

 

 

つまり、頭がここにない状態、

もっといえば、宇宙の彼方に

あるって意味です。

 

そんな状態では、

一向に結果は出て来ません。

 

今日やるべきことを考え、

集中してどんどんやっていきましょう!!

 

そのためには、

頭の切り替えが大切ですね。

 

 

謙虚すぎる人って?

新たな一週間が始まりました。

今週で8月も終わりですね。

気を引き締めなければ、ですね。

 

 

 

 

さて、最近思うのは、

自分を変えるには、まず、

言葉づかい変えるってことです。

 

だって

脳は自分の言葉を一番聞いてるんです。

 

人間には、言葉があります。

言葉によって、イメージを膨らませます。

そして、未来を形にしていくのです。

 

だから

自分が発した言葉とおりの存在になっていくのです。

 

多くの方に会って思うのは、

日本人は謙虚な人が多いなってことです。

 

営業マンでも、すっごく売れてるのに

「すごいですね!」っていうと、

「上には上がいます」って返事が返ってきます。

 

 

 

自分の脳に

「まだまだ」「全然」なんて言葉を聞かせ

続けると、その通りになってしまいます。

 

時には謙虚をやめて

こんな環境で頑張っている自分はエライ!

って褒めてあげるのも必要かもしれません。

 

 

すると、自信から生まれる

オーラが出てくると思います。

 

今週も、張り切って活動していきましょう!!

 

 

ジョブズの質問

日曜日の朝。

爽やかに晴れ渡った、札幌の朝です。

 

TVでは、アジア大会、女子マラソンが放送されてますが、

今日札幌でも、北海道マラソンが、開催されます。

 

 

北海道マラソンは、日本国内で唯一、

夏に行われるフルマラソン大会で、

 

オリンピックや世界陸上に選出された選手

も数多く出場しております。

 

一般ランナーにとっては、

トップクラスのランナーと一緒に走れるあこがれの舞台のようです。

 

今年も札幌テレビ塔の電光時計による

カウントダウンを合図に、スタートが切られるようです。

 

多くの知り合いも、エントリーされています。

是非、楽しんでもらいたいものです。

 

それにしても

マラソンにハマる方は多いですね〜。

 

自分は、あんなに苦しい思いをするのは、

まっぴらごめんだというタイプなのですが、

ハマってしまう理由もあるのでしょう。

 

人間にとって、

自分がやりたいと思うことをやることは、

充実した人生を送るのに重要なことです。

 

例えば、アップルの創業者である

スティーブ・ジョブスは毎朝、鏡の前で

 

「もし今日が人生最後の日だったら、

僕は今からすることを“したい”と思うだろうか? 」

 

と質問したといいます。

 

こう質問することで、自分が本当に

やりたいことをやって人生を充実させ続けた結果、

アップルやピクサーなどのビジネスを作り、

成功することになったのです。

 

是非、この質問を毎朝、自分に投げかけ、

その答えを考えるだけでも、1日の充実感が

高まることになると思うので、

ぜひ、実践してみましょう!

 

 

断捨離を進める

最近、断捨離を意識しています。

 

よく、いらないものを整理する

という意味で使われますが、

 

断捨離とは、

不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、

自身で作り出している重荷からの解放を図り、

身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的です。

 

これは、考え方や、仕事にも言えることだと思うのです。

 

 

 

日常生活を送る中で、

「なんとなく」こなしているってことはありませんか?

 

どういうことかと言うと

「いつもやっているからやる」

「やれと言われたからやる」

「時間を埋めるためにやる」

 

 

こう考えると

何も考えずただただこなしていることは多くあると思います。

 

 

でも、良く考えると、

これは効率の悪い仕事の仕方です。

 

 

そこで、

いつでも心に置いておきたいことは、

 

「その仕事をする理由は何なのか?」

「そのことからどんな結果を得たいのか?」

 

ということです。

 

 

 

いつもやっているからやるのであれば、

あまり意味がありません。

 

 

人の時間も労力も無限ではなく

有限なのです。

 

そうであるならば、

有益なことに時間も労力も使いたいですよね。

 

ぜひ、自分のやっていることについて

 

「それする理由は何なのか?」

「そこからどんな結果を得たいのか?」

 

ということを見直し、断捨離してみましょう!!

 

 

 

 
 

宮津 千加子さん

 

総営さぽーとプレゼンツ

 

「マスターマインド、

いらしゃ〜い!」

 

毎週月曜日 午前10:10〜10:40  放送中!!

さっぽろ村ラジオ(FM 81.3MHz)にて

 

【目的】
ゲストのオンリーワンを引き出し、語ってもらう
ゲストの可能性を引き出し、解き放つ

 

ラジオ出演希望者はこちら

 

 

今回のゲスト紹介

 

2018/08/20 出演 

宮津千加子さん

 

火曜日とぐちとあれこれ共同店主

 

 

インタビュー

 

 今まで、ラジオに限らずメディアに出演に出演したことはありますか?

 殆どありません
 
 

 ラジオ出演に関し、いつ、どこで知りましたか?

吉嶋さんにお会いして、お声掛け頂きました

 

 話を聞いた時、どんな印象を持ちましたか?

一生の思い出に是非!と思い、うれしかった!

 

 出演中の感想は?

あっという間の出来事でした

 

 出演中、戸惑った点はありますか?

途中、会話の流れから難しい話題になりそうでドキドキしました

 

 出演中のよかった点、悪かった点は?

    質問などを頂き、話がまとまる、修正される、助けてくれるというのが良くわかりました

 

 

 出演を終え、今、どんな気持ち?

 楽しかった!という感想です。

 

 ラジオ番組の良いところを教えてください。

メディアに出たという醍醐味と顔が映らない安心感、話したいことが話せる

 

 

 

出演時の映像ダイジェスト

 

 

 

 

 

お疲れ様でした

終了後の写真

 

 

 

 

興味のある方

 

ゲストとお知り合いになりたいに場合は
こちらから申請
ください。

 

 

 

Facebook

 

 

 

 

 

 

 

 

熱意なのか、しつこいのか?

 

話がいい感じで進んでいたのに、

「しつこい!」と言われて、断られてしまって、

落ち込んでいる方がいました。

 

どうもクロージングがうまくいかなかったようです。

 

 

 

 

よく「熱意」と「しつこさ」は紙ひとえだと言われます。

こちらが熱意を持って話しているつもりでも、

相手にとっては、しつこいと感じてしまう場合もあるでしょう。

 

では、

そうならないためにどうしたらいいか?

 

お客様に「しつこい!」と言われないコツがあります。

 

私は、

徹底的にクロージングしている時も

1度も「しつこい!」とは、言われたことがありません。

 

 

なぜなら、

プレゼンの途中で、必ずお客さんに

「断る権利」を与えているからです。

 

 

「いいと思わなければ、

 いつでもはっきりと断わってくださいね!」と。

 

いつもハッキリと言います。

 

こう言うと、

相手に判断を委ね、「興味がないなら、次に行きますから」

というスタンスなので、

お客さんはかえって欲しくなるみたいです。

 

 

また、押し売りではないと感じると安心してこちらの話しを

じっくり聞いてくれるようになります。

 

相手が聞きたい状態になっていまくては、

熱心に伝えても伝わりません。

 

 

お客さんに「断る権利」与えてあげましょう!!

そして、

聞きたいということなら、熱心に伝えてあげましょう!!