日別アーカイブ: 2018年10月6日

「ダブルバインド」を使いこなそう!

営業活動でアポを取るとき、

 

「明日でしたら、午前と、午後だと

どちらがご都合よろしいですか?」

 

という言い方をよくします。

 

実はこれ、心理学用語でいうならば

「ダブルバインド」という、

立派な説得方法の1つなのです。

 

この手法は、あらゆる場面で応用されています。

 

 

 

たとえば、

CMでも、あなたは、

「キノコの山」と「たけのこの里」

どちらがお好きですか?

 

みたいな感じです。

 

こう聞かれると、

よっぽどひねくれた人じゃない限り、

「どっちかな〜?」って、考えますよね。

 

なので、この「ダブルバインド」を

うまく使うことができれば、

 

交渉で絶対に相手に断られることなく

セールスをすることも可能になるのです。

 

たとえば、

どうしてもお近づきになりたい社長に

 

「今度ご一緒させていただきたいのですが、

ゴルフと、和食系の美味しいお酒が飲める店とどちらがよろしいですか?」

 

とお誘いするのです。

 

たとえ、相手がどちらを選んだとしても

結果的には、ご一緒するという目的は達成することができます。

 

これがダブルバインドです。

 

これを応用していくと、

営業活動のなかでお客様からヒアリングした後に、

 

「そんなあなたの悩みを解決するには、

AとBという方法がありますが、どちらが良いですか?」

 

という提案ができますよね。

 

ただし、ここで気をつけなくてはいけないことは、

あまり難しい選択肢にしないということです。

 

つまり、

選択しやすい選択肢にするということ。

 

なぜなら、

お客さんの悩みに余り合っていない

解決方法を提案したり、

 

お客さんを、逆に惑わすような2択は、

両方断られてしまう危険があるからです。

 

 

営業活動に活かせるヒントがあれば

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

 

 

 

営業活動を一気に飛躍させたいときは?

↓  ↓  ↓  ↓    

あなたの営業活動にターボエンジンを!

 

 

総営さぽーとへの

お問い合わせ は、こちらから