テレアポを自動化!?

 

営業マン、必見!

見込み自動発掘システム

 

テレアポを活用している会社様へ

 

営業活動で、見込み客を発掘する作業って、どうしてますか?

いろいろな方法があるかと思いますが、テレアポも有効な手段の一つですよね。

そして、テレアポを行う上で、

「テレアポを自動で出来たらいいのにな〜」
とか思ったことはないですか?
 
今回は、自動テレアポのような使い方が出来るシステム、『オートコールシステム』をご紹介いたします。
 
 

オートコールシステムとは?

 

自動で録音音声を流し、音声案内に従ってアンケートを取ったり案内を流していく事ができるシステムを

オートコールシステムと言います。

 

 

イメージ図

では、
このシステムを使用し、普段テレアポしているアポトークを自動発信してみたらどうなるでしょうか?

 

オートコールによる自動テレアポのイメージ

 

~太陽光業者のテレアポとして使用する場合の例~


こちらは○○○○と申します。
今回こちらの地域にお住まいのかたを対象に「電力」「自家発電」についての簡単な意識調
査を行っております。
1分ほどの音声調査で、質問は4つですので、どうぞご協力ください。
 
質問を開始してよろしければ *ボタンを押してください。
 
【案内1】
それではお尋ねします。
近年では、再生可能エネルギーが注目されており
その中でも太陽光パネルには、特に期待が高まっています。
太陽光による自家発電について、
「すでに使っている」という方は 受話器の番号の7を、
「少し興味がある」という方は、番号の9を、
「全く興味がない」という方は、番号の0を、
押してください、それではどうぞ
 
【案内2】
太陽光発電によりご家庭の光熱費がどれくらい下がるかの、光熱費の無料診断も順次おこなっています。
光熱費の無料診断に、
「興味がある」と云う方は、番号の7を、
「興味がない」という方は、番号の9を、
「すでに太陽光発電を使っている」という方は、番号の0を、
押してください、それではどうぞ。
 
(中略)
 
【案内4】
最後の質問です
今、電話口に出て頂いてる方が、
「ご主人様」でしたら、番号の7を
「奥様」でしたら、番号の9を
「それ以外の方」でしたら、番号の0を、
押してください、それではどうぞ。

 
上記のような録音音声を発信した場合、
電話に出てくださった方の約1~2パーセントが最後まで回答をしてくれます。
 
例:1,000人電話に出た場合→10~20人必ず最後まで回答してくれる。
 
実際の回答

*日本全国、地区や時間は指定できます。

 

イメージ映像

 

 

 

 

自動テレアポのメリット

 

①労力なしに、一定の量の架電が出来る
 
人が行うテレアポは、人件費がかかったり、アポインターさんの精神面での疲労がつきものです。
 
でも、システムを使うとそういったことはなく、何もせずに一定の量の架電が出来ます。

 

 

②成約までのスキームを社内で共有しやすい
 
 
テレアポインターさんが架電する場合は、アポインターさん個人の能力頼りになってしまい、社内で成功スキームを共有しにくいという弱点があります。
 
でも、「オートコール」使うと、
「アンケート回答の御礼」という形でスタートできるので、その後のアポトークやアプローチ方法さえ考えておけば社内でマニュアル化しやすいです。
その結果、全体的な売り上げ増加へ繋がります。

 

③不通の番号や、まったく話を聞いてくれない人を省くことが出来る
 
テレアポをすると全く話を聞いてくれない人・使用されていない番号等が必ずあります。
でも、「オートコール」を使用すれば、そういったストレスを軽減できます。
それに、
突然かかってきた自動アンケートに対して最後まで答えてくれる人って、
とってもいい人だと思いませんか?
つまり、「いい人」リストが自動的に出来上がるのです。
 
 
 
ちょっとイメージしてもらいたいのですが、
膨大なまっさらなリストにテレアポする労力と、オートコール回答者にテレアポする場合と
どちらがちゃんと話を聞いてもらいやすいでしょうか?
 
答えは、明らかだと思います。
 
また、自動で未使用の番号は省かれる為、そういった番号へ架電する無駄な時間もありません。
 
「はじめっから人がテレアポしたほうが、なんやかんや安くて早い!」と思われるかもしれませんが、
そういった無駄な時間を省くことにもつながる為、その結果、効率化をはかれます。
 
 

オートコール=テレアポシステムではない!

 

でも、オートコール=テレアポシステムではない!

ということです。

 

「えっ!ここまできてどういう事?」と思いますよね。
 

そうです!!
 
オートコールで可能なことは、あくまでも『自動音声によるアンケート調査』です。
 
自動テレアポが出来るシステムではありません。
直接相手の声をきき、音声録音ができたり、相手の温度感がわかるようなものではない為、いつもアポインターさんがしているテレアポとは違います。
 

営業活動に「ターボエンジン」を!!

 
ですが、
いつものテレアポの前に、オートコールによる自動テレアポ(アンケート調査)を挟むことで、アポや営業の際の無駄が省け、結果として『効率化・売り上げ増加』につなげることが出来るというものです。
 
テレアポツールというよりは、営業支援ツールなのです!
 
つまり、普段の営業活動に「ターボエンジン」をつけるようなものです。
 
「営業スタイルを変えずにもっと売り上げを上げたい!」
 
「架電効率を良くしたい!」
 
という人はオートコールシステムを活用して営業を加速させてみてはいかがでしょうか?
 
 
 

 

ご利用料金は?

 
 
コール数によって、単価が変わってきます。
 
1着信 5円からとなってます。
この料金は、業界最安値だと思います。
 
詳しくは、お問い合わせください。
 
 

お問い合わせは

 

下記よりご記入願います。