「質」をよくするためには・・・

 

 

 

最近、あらゆる分野で、

手っ取り早く結果を出したいという
傾向にあるように思います。

 

特にネット上では、
そのような類の話で溢れています。

 

ということは、

安直に、手っ取り早く質の高い仕事ができないかと

思っている人が多いということでしょう。

 

私が思うに

何事も時間はかかるものです。

時間をかけるから、実力がつくのです。

 

実は、逆説的でかつ回り道のように聞こえますが、

最初は、圧倒的な量をこなすことで、

圧倒的な質が生まれると思うのです。

 

私も、新入社員の時は、

毎日毎日、飛び込み営業で量を追求してました。

 

そうすると、
ある地点で、パターンが見えてくるんです。

 

この時間が在宅率が高いとか、

話法の組み立てとか・・・

 

例えば、

あのピカソは、生涯に、およそ13,500点の油絵と素描、

100,000点の版画、34,000点の挿絵、

300点の彫刻と陶器を制作したそうです。

 

天才と呼ばれている人でも、この量です。

あなたの今の行動の量は、どれほどのものでしょうか?

 

営業活動をやっているなら、まずは普通の人の3倍、

アプローチの数を増やしてみましょう。

 

 

もし、あなたが何かのクリエイターなら、普通の人の3倍、

作品の数を提出してみましょう。

 

そうすれば、いずれ、

結果的に、普通の人の3分の1の労力で

3倍以上の「質」を生み出せるようになるはずです。

 

結局、

圧倒的な量が、圧倒的な質に転化するということです。

 

 
 

人は自分で思った通りにしか動かない!

 

 

人は自分の思った通りにしか動かない、

これは、人間関係の原理原則です。

 

これは、人間の習性であって

強引に動かそうとしても無理です。

 

このことは、

誰でも、感じていることではないでしょうか?

 

また、

自分自身に対しても同じことが言えます。

 

でも、

思った通りにしかならないのに

自分がどうなりたいか、

どうしたいかという「思い」を

明確にしていない人が多いという事実があります。

 

自分を自発的に動かすためのモチベーションは、

自分の思い、考えを明確にすること。

 

これ以上に大事なことはありません!

 

 

また、人を動かす、

いや自発的に動いてもらいたい時も全く同じです。

 

なんて、今でこそこんなことを

言ってる自分ではありますが、

 

以前は、

全く明確にするどころか、人のいいなりで動いていた

自分だったように感じます。

ずっと迷いのある自分でしたから・・

 

 

だから、

そんなに意欲もわかず、焦点が定まらない迷子のような状態でした。

 

何かを始めても、

モチベーションが保てず、またすぐに元の自分に戻ってしまう。

そんなことの繰り返しでした。

 

 

それを変えてくれたのが

メンタルトレーニングです。

 

具体的には、

使う言葉、表情、イメージ

をポジティブなものに変えていくのです。

 

そうすると、

自分自身を自発的に動かしていける、

無理なく動いていける状態になります。

 

自分に迷いがなくなると、

同じように人にも伝わっていくようになります。

 

そのカギが、自分への質問です。

自分へ質問を投げかけ、自分の思いが明確にできれば、

人への質問力も高まり、

人の思いや考えを明確にしていけるようになっていきます。

 

 

まずは、

今日1日どんな1日にしたいのか?

そのためには、何をどのようにしていくのか?

1日が終わった時、どんな気持ちなのか?

 

 

そんな質問を自分に投げかけてみてください!

習慣化できれば、何かが変わってきます。

 

 

世の中に提供している自分の価値は?

 

 

 

今、日本の平均時給は、いくらか知ってますか?

 

ある調査によると、

現在、1,037円だそうです。

 

時給とは、言い換えると、

1時間あたり、どれだけの価値を
世の中に生み出しているかということです。

 

この質問を意識しながら時間を過ごせば、

極めて高いアウトプットが出せると思うのです。

 

つまり、専門的に言えば、

バリュー・パー・タイム(Value Per Time)を

意識するということです。

 

具体的な数字を確認したいのなら、

年収を、年間労働日数で割る。

 

その数値がわかったら、

今度はそれを1日の労働時間で割る。

 

それが、現在のあなたの「時給」です。

1時間あたりの、自分の「価値」です。

 

その価格が、この資本主義社会の中で、

自分で世の中に提供している価値のボリュームなのです。

 

あなたの現在の価値は、どうですか?

時給をもっと上げたいですか?

 

では、

時給の価格を上げるには、どうしたらよいでしょう?

 

それは、

世の中により大きな価値を与えることだと思うのです。

 

より大きな価値を提供できれば、

お客様は、もっともっと喜んでくれるのです。

 

より大きな価値を上げるには何をしたらよいか?

そんなことを考えながら、仕事を楽しんでいきましょう!

 

 

いいアイディアが出ない時の対処法

なんとなく上手くいかない時、考えがまとまらない時、

そんな時、どうしてますか?

 

オススメな方法があります。

それは、掃除です。

 

 

というよりも、

余計なものを視界に入らないようにするのです。

 

例えば、

仕事に集中したいのであれば、

机の上を片付け、一切ものを置かない。

 

そうすると、

不思議とスッキリした気分になり、アイディアが出てきます。

 

今関わっている仕事に関係ないものがあると、

脳は、潜在的にそこに意識を向けてしまうのです。

 

 

あなたも経験ありませんか?

全然関係ないメールや書類をついつい見てしまい、

いつの間にやら時間が経っていることってこと・・・

 

だから、

集中して仕事に臨みたいのであれば、

机の上に何も置かないことです。

特に、携帯電話や雑誌などは要注意です。

 

パソコンの中身もそうですよね。

いろんなものを立ち上げたままにしておくと、

メールや動画を見てしまい、あっという間に時間が経つので、

肝心な仕事が一向に前進しません。

 

メールや動画も集中してみる時間を

作ったほうが絶対に効率的です。

 

 

断トツ、トップセールスマンになるには?

トップセールス。
そう呼ばれる人たちがいます。
 
あなたの会社にもいますか?
 
あなたはそんなトップセールスになれると思いますか?
「もちろんなれる! 絶対なりますよ」と言う答えは、多分少ないでしょう。
 
それどころかなりたいとすら思わない、思えない人がおそらく大半です。
「トップセールスなんて無理だよ」
「せめて職場の上位グループに入りたい」
「いや月々のノルマさえこなせれば充分だ」と言う人もいるのではないでしょうか?
 
営業やセールスに、特別な才能は入りません。
実際いろんな業界のトップセールスに会ってきましたが、みんなごく普通の人たちです。
 
切れ者だ、やり手だなと思わせる人もあまりいません。
そんな人はかえってお客様を怯えさせる、用心させてしまいます。
 
むしろ普通の人間だからこそ成功できる。
それが営業セールスの仕事なのです。
 
たいていの人は、何らかの困難にぶつかると、
「自分は才能がないんだ」と考えることで、あきらめの道を選択します。
 
現実は、
「才能のある人」と「ない人」がいるのではありません。
「才能発揮した人」と「しなかった人」がいるだけです。
 
その違いはどこにあるかと言えば、脳の使い方です。
 
つまり才能・能力は、ものとしての脳の出来不出来より、
それをどう使うかの問題であるということです。
 
どう使ったら優秀な営業マンになれるのか、
売れるセールスマンになれるのか?
 
そこを学んでください。
 
社会的な成功能力だけでなく、人間的な成功能力もあわせ持つ。
そんな営業マンを目指しましょう!!

 

自分の「心」をコントロールできてる?

 

個別相談に来る方の中には、

営業活動がなかなか上手くいかなくて、

落ち込んでいる人や、

今月、本当に成約できるのかなと

疑心暗鬼になりながらも、活動している方も大勢います。

 

ハッキリ申し上げましょう!

すべてはメンタルです。

最近、そう思うようになりました。

 

 

どんなマイナスも自分の力に変えるくらい

強靭なメンタルを持って、初めて勝負ができるのです。

 

メンタルはトレーニングで鍛えられます。

メンタルトレーニングとは、自分の可能性を引き出す方法です。

 

可能性は誰でも無限に持っているのです。

でも、いろいろ研究していると、

それを引き出すには、一つだけ条件があるようです。

 

それは、自分の心をコントロールできるということです。

それができた人間だけが、自分の可能性を掘り起こせます。

 

トップアスリートの場合は、そのコントロールが

他の選手よりほんの少しうまかった人のことです。

 

実際、これができなければ、

ハードな練習に耐えて実力を蓄えることもできないし、

 

試合中、歯を食いしばって、

絶体絶命のピンチを乗り越えることもできないでしょう。

 

現状に妥協し、今の自分に妥協するしかありません。

「自分の心をコントロールする」ことを学びましょう。

 

心をコントロールするには、

1、感情

2、イメージ

3、思考

 

これが大事です。

 

もし、何か決断をする時は、

怖いから何もしないという決断ではなく、

傷つくかもしれないが、

「前進する」という決断をするのです。

 

 

儲かるかなとか成功するかなんかよりも、

「成長する」ことで「ワクワク」する感情を大切にするのです。

 

日々の活動においては、いろいろと決断をすることがあるけれども、

とにかく、何もやらないという事を選ばず、

1ミリでもいいから前に進む方を選ぶと決めればいいのです。

 

 

夢は逃げません!

自分が決断して、前に進んでいき、

正しい戦略と仲間を手に入れれば必ず叶います!

今の自分の状況を一言で表すと?

東京での5日間の遠征を終え、

札幌に戻ってきました。

 

今回も数多くの乾杯をしました。

 

 

 

今回、いろんな方にお会いして感じたのは、

コミュニケーションの大切さです。

 

どういうことかというと、

自分が話したいことだけ話しても、

相手には絶対に伝わることはありません。

 

まず、大事なポイントは、

単純明快であることだと思います。

 

久々に会った方や、ほぼ初めてお会いした方には、

自分のことを単純明快に伝えることです。

 

 

今の自分の状況を

一言で表すとどんな表現でしょう?

 

このことを意識して考えておくのがいいと思います。

 

このことを意識していないと、

ちょっと質問された時に

 

色々と説明するけど、

結局よく分からないということがあります。

 

相手が興味のない話を長々と説明されるほど、

相手にとって辛いことはありません。

 

理想なのは、一言でイメージできる話です。

すると、興味が湧き、次の会話に発展していきます。

人はイメージできるものは、話しやすいのです。

 

自分にとって、体験していない未知のものであったら、

詳しくはよくわからないので、頭の中で想像するわけです。

 

 

このイメージがハッキリ伝わり、

共通項が見つかれば、会話が弾みます。

 

 

イメージできなければ、

どんなに一生懸命に説明しようが、

 

どんなに流暢に話そうが、

絶対に会話は盛り上がりません。

 

このイメージのし易さというのが、

単純明快であるかに直結するわけです。

 

 

営業の世界でも、お客様の頭の中で、

その商品やサービスを手にした後に

素晴らしい未来を

描けさせられればモノは売れます。

 

 

また、単純明快であることは、

お客さんが誰かに商品やサービス、

講座やセミナーを紹介しようとした時に、

何と紹介するかにも活かせるものです。

 

 

要するに、口コミを起こさせるためにも

単純明快である必要があります。

 

 

あなたの商品やサービスが単純明快であればある程、

お客さんも誰かに紹介しやすいわけです。

 

 

まず、この分かり易さと

単純明快さを追求するのがいいと思います。

 

実践してみましょう!!

 

 
 

大人の修学旅行

東京滞在4日目。

この日のメインは、屋形船でした。

 

初体験です。

天気も晴れわたり、気分上々。

 

総勢56人での貸切でした。

 

料理も想像以上の豪華さ。

飲み放題と、船の揺れで、酔いも絶好調。

 

 

景色も格別。

花の都、大東京・・・・

 

高校時代の同期と、正に大人の修学旅行気分で、

大はしゃぎしました。

 

素敵な思い出、ありがとう!!

 

 

 
 

 

品川グースにて同窓会幹事

東京三日目。

昨日は、今回のメイン目的でもあった高校時代の

同窓会でした。

今回は、幹事期ということで、皆様をおもてなししました。

 

 

場所は、品川グース。

広い会場でした。

総勢600人くらい、来場いただけたのでは?

 

 

今回は、東京組がメインで準備していただいたのですが、

大勢の人を仕切るとなると大変だったののではと思います。

 

企画の段階で、対立したり、意見の相違があったりと、

色々あったことでしょう。

 

でも、お互い妥協ではなく、

意見を出し合うことで、いい企画が出来上がったのです。

 

妥協は、相手から譲歩を引き出すために自分も何かを譲歩する、

あるいはあきらめることです。

したがって両者とも負けです。

 

そうではなく、お互いの意見を尊重し、

第三の案を作り出す・・・

 

そうすると、両者が勝ちとなります。

 

今回は、来場者に喜んでいただくために、

それぞれが役割分担し、自分たちがやれることをし、

協力し、素晴らしい「作品」に仕上がったと思います。

 

いい思い出になりました。

 

 

思い出の街並みを散策

東京遠征2日目の昨日は、

時間がフリーだったので、

かつて、

東京暮らしをしていた頃の所縁の地に行ってみました。

 

まずは、調布駅。

商店街にはゲゲゲの鬼太郎キャラがあちこちに・・・

 

ここは、社会人一年目に、

会社の研修所がありました。

 

当時の面影は全くなく、駅前も

再開発で、立派になっていて、驚きました。

 

 

そこから、高尾山へ。

ここは、2000年に初日の出を

拝みに行った覚えがあります。

 

調べてみると、

この山は、年間の登山者数が約260万人を超え、

世界一の登山者数を誇っているとのこと。

 

さすがに、

平日にも関わらず、多くの人で賑わってましたよ。

 

夜は、

学生時代に住んでいた八王子へ。

 

当時のバイト仲間にも会うことができました。

 

いろんな街が、それぞれ、それなりに

変化し、進化しているのを肌で感じることができました。