培養・栽培工程を徹底管理し、トレーサビリティを確保



北海道産純良霊芝「旺煌」は、菌床作りから培養・栽培、製品化まで、
すべて自社で行っています。

各工程を徹底管理しながら一貫生産することで、
高品質で安全・安心な霊芝を生み出しています。

北海道産の原材料を使用し、栽培に欠かせない水は北海道の自然水を
独自の技術で処理するなど、品質を重視した生産体制を築いています。

また、植菌日、植込日、収穫日などはすべてデータ化して管理しており。
トレーサビリティを確保してさらなる安全・安心を追求しています。



分析試験成績表

スクリーンショット 2015-07-26 7



「β-グルカン」を豊富に含む稀少なキノコ




スクリーンショット 2015-08-06 9

「霊芝(れいし)」は、サルノコシカケ科に属するキノコで、和名「マンネンタケ」。

その歴史は古く、約2200年前の中国最古の薬学書「神農本草経」に上薬として珍重されていたことが記されており、わが国でも「日本書紀」に「芝草」として記載されています。
本来は梅の朽ち木やナラ、クヌギに自生する稀少性の高いものでしたが、現在は人工栽培が可能になりました。

お勧めしているのは、「鹿角(ろっかく)霊芝」で、日照時間・気温・湿度などの影響から成長途中の「赤霊芝」の傘が開かず、鹿の角のように枝分かれした変異体で、体を元気に保とうとする成分「β-グルカン」をより豊富に含んでいます。

「鹿角霊芝」の栽培には繊細な管理が必要で、収量も少ないため、市場の流通量が通常の霊芝と比べて少なく、稀少価値が高くなっています。


免疫力をアップし、病気の予防へ

霊芝に豊富に含まれている「β-グルカン」は、ブドウ糖がたくさんつながってできた多糖体の一種。
糖が結合する際の構造にはα型とβ型があり、このうちβ型の構造で結合した多糖体を「β-グルカン」といいます。

もともとキノコ類には「β-グルカン」が含まれており、アガリクスやメシマコブ、ハナビラタケなどさまざまなものが知られていますが、その中でも霊芝には特に豊富に含まれております

「β-グルカン」には免疫力を高める作用があるとされ、人間が本来持っている治癒力を高め、病気の予防へ導くと考えられています。

効能としては、抗がん作用、血糖降下、抗ウイルス作用、血圧調整作用、アレルギー体質改善、ホメオスタシス維持などが期待されます。




スクリーンショット 2015-08-06 9



ご購入

スクリーンショット 2015-08-06 9



霊芝タブレット
1カ月分
7,000円(税込、送料込)

数量 





a:630 t:1 y:0